大きな社会的役割を果たすサービスに、携わるやりがい。

上流を志向し、40歳を前に転職。
前職ではSIerで15年間、インフラ系エンジニアとしてユーザー企業向けのインフラ構築・運用に携わっていました。40歳を目前にして、先のキャリアを思い描いた時に「プロジェクトの幅をもっと広げたい」「上流から全体を見渡せる、プロジェクトマネージャー的な立場を目指したい」と考え、転職を決意。ユーザー系の社内SE、もしくはSIerで設計構築を中心に携われることを条件に、さまざまな転職先を検討しました。

大規模コンシューマ向けサービスを支える。
ベネッセインフォシェルへの入社を決めたポイントは、なんといっても「ベネッセグループを支える社内SE」というやりがいです。社会的にも重要な役割を果たしている大規模グループの根幹をなす、サービス基盤に携わることができる。「こどもちゃれんじ」「進研ゼミ」といった、認知度の高いコンシューマ向けサービスに、自分もぜひ関わってみたいと思いました。

世の中の役に立つ実感。
私には小学生の子どもが2人いて、2人とも「こどもちゃれんじ」に親しみながら育ちました。「あのしまじろうに、パパも関わっているんだよ」と子どもたちに言えることが、仕事への大きなモチベーションになっています。私自身もベネッセグループのさまざまなサービスに昔から馴染みがありましたので、自分の仕事が社会でどのように役立っているか、実感しやすいのがいいですね。

構築・運用からPMへのキャリアアップを実現。

手厚いフォローを受けつつ、PMとしての第一歩を。
まだ入社1年目ですが、早くも課内リーダーとして、プロジェクトマネージャー業務を任せていただいています。構築・運用の現場責任者だった前職から、仕事の内容は上流へと大きく変化しました。まさに「上流に行きたい」という希望がかなった形ですが、反面、不慣れで大変な面もまだ多々あります(笑)。プロジェクトの進め方といった基本的な手順から、ひとつひとつ教えてもらいつつ取り組んでいるところです。

なにより大切なのは、コミュニケーション。
現在手がけているのは、サーバー群まわりのシステム構築プロジェクトや、ベネッセグループ各社へのイントラネット展開プロジェクトなど。私は、多摩にある東京支社に勤務していて、構築以降を担当する岡山本社のメンバーたちと、チャットやSkypeも駆使して連携しながら、課題管理やスケジュール管理を行っています。各社の情報システム部門や中核会社の担当者と、打ち合わせおよび調整を重ねて、ひとつのシステムを組み上げていく。物理的な距離もありますので、コミュニケーションがなにより重要なポジションです。

目標は、グループ全体を見渡せる大規模プロジェクト。
さまざまな人と一緒に進める仕事ですから、調整事が多く発生します。でも、私はパソコンに向かってプログラミングしているよりも、人と接する方がもともと性に合っているので(笑)。今のプロジェクトマネージャー業務に、大きなやりがいを感じています。今後は、グループ全体を俯瞰できるような大規模システムにも携わっていきたいですね。そして、ベネッセグループのサービスを利用する全国・海外のユーザー様一人ひとりに、貢献していきたいと思います。
気さくにコミュニケーションできる環境だから、調整・折衝業務もやりやすい。
「ベネッセグループを技術で支えている」ことを日々実感しています。