4,000万顧客のビッグデータ。その価値は極めて高い。

―KDDIに転職して以降、どのような事業を推進してきたのですか?

國友/私の所属しているバリュー事業本部は、個人のお客さまを対象にインターネットなどを介した付加価値サービスの提供を行う部門です。私自身は、auの顧客基盤を利活用するためのDMP(データマネジメントプラットフォーム)一元化をはじめ、顧客接点となるスマホのアプリやWEBのUX向上に取り組んできました。そして現在は、au以外のお客さまにも使っていただけるサービスの開発や、“スマホの次”となる新しい接点づくりなども含めた新規ビジネス推進に携わっています。

中東/私が率いているソリューションマーケティング部は、法人事業のマーケティングを統括するセクションです。入社以来、広告や顧客データベースの構築、広報部と連携したPR戦略の立案など、B to Bのマーケティングをフルスタックで担うとともに、データ分析を起点とするデータドリブンマーケティングの基盤づくりも進めてきました。


―中東さんはB to B、國友さんはB to Cの領域が担当ですが、KDDIが持つビッグデータにはどんな特長や可能性があるのでしょうか?

中東/世の中に存在するDMPのデータはアノニマスのものが殆どですが、auのデータは約4,000万にのぼります。データの価値は極めて高いと思いますね。

國友/さらに、膨大なお客さまの行動ログが取れているのも強みです。では、こうしたビッグデータをどう活用していくか、と言えば、B to Cの領域では、我々自身が発信しているサービスや情報を改善するためにこそ、使う価値があると考えています。事業者はとかく、自分たちが良いと思うものを一方的に提供しがちですからね。データを使ってお客さまのニーズを分析し、より良い情報提供のあり方を探求することにこだわっているのです。

通信キャリアによるデータの処理・活用は、産業変革の起爆剤にも。

―B to Bの領域ではどうですか?

中東/デジタルトランスフォーメーション(DX)、という言葉を聞いたことがあるかもしれません。IoTの進展に伴って、今、B to B領域では、顧客企業が自身の保有する情報(データ)のマネタイズを始めています。例えば、製品につけたセンサーから送られてくるデータに位置データなどを加え、遠隔制御することで省資源や効率稼働を図り、その成果をレベニューシェアで課金するという風に。こうした情報と情報を組み合わせ、そこから生まれる新たなバリューを収益に変えていくという、業態の大変革が起きています。そして通信キャリアは、このマネタイズにとても強い。通信はコンピューティングといったテクノロジーだけでなく、従量課金の仕組みと資本力を有しているため、幅広い業種の企業と組むことが可能です。したがって、我々メガキャリアの今後の姿は、お客さまの事業変革をサポートしていくものになるだろう、と。

國友/今のお話は、B to Cのヒントにもなるものですね。実は私もKDDIに入ってから、ネット関連の事業者以外にも、製造事業者、サービス事業者をはじめ多種多様な関係先にお声掛けをいただくようになったのですが…。関係先も私自身もB to Bの経験が乏しく、データのマネタイズに詳しくないので、ぜひ、中東さんにも入っていただいて、ビジネスづくりをご一緒したいな、と。

中東/ぜひぜひ! 既に、ソリューション事業本部のビジネスIoT推進本部などが、多様な企業に提案を行って、従来にない発想の事業を始めていますので、お役に立てることがいろいろとあるはずです。KDDIは、LPWAといった通信はもちろん、センシングなどのデバイスにも強く、ビッグデータを処理・分析する能力もある。そしてマネタイズにも踏み込んで、課金や収益モデルまで備えたワンストップのサービスを提供できる。我々としても、こうしたKDDI独自の優位性を、より多くの法人にお伝えしていきたいですからね。

國友/私が打診されている話のなかには、KDDIだけでなく、3社・4社が集まるとさらに面白いことができると思える案件が多数あるため、これからは、そういったコラボレーションにもKDDIがハブとなり挑戦していきたいところです。

中東/KDDIで働く魅力は、まさにそうしたダイナミックな展開ができるところ。通信キャリアが本格的に動き出すと、市場に与えるインパクトも大きいと思いますよ。

大いなる展望を胸に、KDDIで働く日々は醍醐味に満ちている。

―今後、事業を進めていくうえで、重要になるポイントは何ですか?

國友/B to C領域における最大のテーマは、引き続きCX(お客さま体験価値)の強化を図っていくことであり、そのためにも重要となるのが“人材”です。データを使い、多様なお客さまの価値観や本質的なニーズを探求・確認したうえで、新規ビジネスをファシリテートできる人が欲しいですね。

中東/同感です。特に私の部署は創設から日が浅く、法人向けのデジタルチャネルにおけるマーケティング機能が弱いため、企業内のスペシャリストの方々に届くようなコンテンツづくりができる人や、データをもとにPDCAを回してコンテンツの最適化が図れる人を求めています。もちろん、専門知識をお持ちの即戦力は大歓迎ですが、法人テクノロジー市場自体が変革の只中にある今、私たちの部署では“新しいことしか”しなくなりつつあります。もはや、ビッグデータという言葉すら“死語”になりつつあるくらい、時代の変化は早いので。過去の経験の有無よりも、新しいビジネスへのパッションを持っていることのほうが大切だと言えるでしょう。


―最後に、担当領域におけるお二人の展望を聞かせてください。

中東/新たに加わるメンバーと共に、KDDIとして、データドリブンマーケティングの推進と、KDDIの新規ビジネスにおけるソートリーダーシップを取りにいきたいと思っています。その根底にある想いは“Designing The Future”というブランドスローガン。我々はこのスローガンを体現し、お客さまの未来や新たな事業への挑戦をしっかりとサポートしていかなければならない、と考えています。この規模の事業戦略に携わる面白さを、ぜひパッションのある方と共有したいですね。

國友/KDDIは今、ライフデザイン企業への変革を目指していますが、私はこのライフを“人生”と定義していまして。コンシューマ向けのメディアでは、「KDDIのサービスに触れたから人生が豊かになった」と思えるようなものを追求していきたい。そしてCXの向上・拡大を図った結果、日本の1億2,000万の人々が、日常の無意識な習慣としてKDDIのサービスを立ち上げるようになる。そんな段階まで持っていくのが、究極の理想です。実際に何ができるのか? 現時点ではよく分からない。でも、「何か面白いことができそうだ」と思える環境に身を置けていることに、自分自身すごく充実感を覚えているんです。
(2017年4月取材)