2015年7月にファナックに転職し、山梨に移り住んで充実した生活を送っている緒方さんご家族。転職のきっかけ、移住への不安や期待、実際の生活の様子を含め、リアルな体験談を伺いました。

転職のきっかけはなんですか?

夫:

大学院を卒業後、ソフトウェアの開発・販売などを手掛けるシステムインテグレーターに入社。そこでは、スマートフォンに組み込まれているドライバー開発や、計測機器メーカーでのオシロスコープの開発など、様々な製品の組み込みソフトに携わってきました。約10年間勤めていたこともあり、任される範囲も広く、上流から開発に携わる面白みも感じていました。一方、常駐先によって通勤や帰りの時間が変わる不規則なワークスタイルだったため、結婚をして子供が生まれるタイミングで「腰を据えて落ち着いた環境で働きたい」そう考えるようになったのが転職のきっかけです。

ファナックはどうやって探しましたか?

夫:

元々、大学院で制御系の研究をしていたので、学生の頃からファナックのことは知っていました。当時からビジネス誌では優良企業というお墨付き。前の職場でも名前は知れ渡っており、「腰を据えて長く働くなら」と直接HPを見て応募しました。

妻:

決断はすごく早かったよね。笑
「転職したい」という話しは前々から聞いていたので、応援はしたいなと思っていました。私はファナックを知らなかったのですが、夫のやりたいことが実現できる環境なのであれば、それは理想的な会社なんだと思いました。

夫:

現在は情報システム部においてパッケージ製品の導入、インフラ開発、社内システム開発を進めています。社内の業務効率化を図るのがミッションで、組み込みソフト開発の経験が活かせる土壌があると感じています。今では一から仕様を決められるのでやりがいもひとしお。前職で使っていたツールを提案し、実際にファナックでも導入しました。

山梨に移住することに対しての不安や期待は?

妻:

当時妊娠していたので、「東京で子供を育てる」ということの方が実は不安だったんです。待機児童の問題もニュースになっていて、東京で子供を保育園に入れて、かつ自分も仕事を探すというのがとても心理的な重荷になっていました。

夫:

東京では生まれる前から保育園を探さなければいけないと聞いていたので、「山梨であれば落ち着いてライフスタイルを考えることができる」と妻と話していました。

妻:

そうですね。特に当時は夫の帰りが遅く、土日出勤もあったので自分ひとりで子育てするのは不安でした。色々調べるなかでファナックであれば会社と社宅の距離も近いことが分かったので、移住の不安よりも家族の時間が取れる安心感の方が強かったですね。

実際に山梨で暮らしてみてどうですか?

夫:

まず、通勤のストレスが一切ありません。職場まで社宅から約10分なので、満員電車とは無縁の生活。会社も残業を減らし効率的に働くことが推奨されているので、仕事が終わり次第家に帰って、家族で食事をすることも多くなりました。

妻:

山梨に来て実感したのは「やっぱりのびのび子育てできるのは最高!」ということです。私は生まれも育ちも東京で、田舎暮らしに憧れはあったものの、いまいち感覚が分かりませんでした。でも実際に山梨に来て、その意味がよく分かりました。大自然の中でゆっくりと子育てができているので、気持ちに余裕が生まれます。

夫:

やっぱり豊かな自然は心が休まるよね。
ファナックは休みや有給もしっかり取れるので、家族で富士吉田の公園に行ったり、花の都公園に行ったり山梨の自然を楽しんでいます。

妻:

もちろん親同士・子供同士の交流もありますよ。社宅なので外に出ればお友達が遊んでいますし、「どこどこの病院がいい」なんていうネットには載っていない情報も周りの方が教えてくれます。少し車を走らせれば子育て支援センターもあるので、社宅に限らず幅広い交流があり人付き合いの面でも安心です。

夫:

山梨は意外と東京にも近いしね。

妻:

そうなんですよ。遠いと思われているかも知れませんが、東京には車で約2時間程度です。先ほど話したように私の実家が東京なので、月に1度は娘の顔を見せに実家に帰っています。両親も東京を離れることで当初少し寂しそうでしたが、今は毎月娘の顔が見れて喜んでいます。笑

夫:

ファナックの施設内にサッカーコートや野球場もあるので、家族がいない方でもプライベートはきっと充実するはずです。山梨はワインも有名ですし、食材も豊かなので、食事を楽しむのもありですね。

ファナックに転職を検討している方へのメッセージ

夫:

ファナックが目指すFA×IoTの実現に向け、新しいことにチャレンジしたい意欲のある人には刺激的な環境で、面白い仕事ができると思います。また、運動サークルや家族イベントなどもたくさんあるので、仕事も生活も充実させたい人には間違いなくオススメです。

妻:

保育園、幼稚園、小学校、中学校と全て揃っているので子育てに関する心配は何もないです。私からのメッセージは「信頼する夫についていけば全て揃っているから大丈夫」。最終的にはこの一言につきるかも知れません。

リストランテ「パルコ・デル・チェロ」
昼は照葉樹林のなかに木もれ陽がさし、また夜はライトアップされた木々がまるで宙に花を咲かせたような雰囲気に。新緑の中で、おいしい空気とワイン、本格的なイタリアン料理がリーズナブルに楽しめる。
山中湖親水公園
富士山に近い絶好のビューポイント。11月中旬または2月初旬、眼前の富士山と山中湖畔に映る「逆さ富士」に夕日が沈みはじめる「ダブルダイヤモンド富士」は圧巻。