JX金属教育体系図

JX金属では、従業員への教育・育成に積極的に取り組んでいます。
「マネジメント能力開発」「専門能力開発」「国際化能力開発」「自己啓発」と「その他能力・意識開発」
という5つの柱でさまざまな教育を実施し、幅広く人材育成に努めています。
また2016年度より、「人と組織の活性化」を実施しており、従業員一人ひとりの意識改革・能力向上を図るため、新規教育制度や各種支援を実施することとしています。

具体的には、①マネジメント能力強化のための「中堅社員研修(対象:係長クラス)」「中級職研修(対象:部長クラス)」の新設、
②専門能力やマネジメント能力強化のための「国外留学(A:海外大学院での専門単位取得、B:MBA の取得)」の促進、
③自己啓発に対する会社支援の強化「自己啓発支援制度」の新設を行っています。

JX金属の国際化教育の概要

2年目海外研修●対象者:大学(院)卒2年目社員全員
●内容:語学レベル(TOEICスコア)に応じて海外の語学学校などに12週間派遣。欧米の大学などでの講義受講または海外の語学学校での中国語・韓国語・スペイン語研修。
短期語学留学●対象者:業務上、一定の語学力が必要とされる者
●内容:英語・中国語・韓国語・スペイン語の海外語学学校などに4~12週間派遣。
第2外国語研修●対象者:業務上、一定の語学力が必要とされる者
●内容:自己啓発として中国語・韓国語・スペイン語などの学習を希望する者で職制が認めた者について、勤務時間外での語学研修を実施。(週1回、2時間。授業料は会社負担。)
社内TOEIC●対象者:希望者(大学(院)卒10年目までは必修)
●内容:TOEICを毎年実施。
募集職種一覧をみる