岡山県倉敷市水島に生産拠点を構える旭化成。
ここでは、多くの社員が住んでいる倉敷市での暮らしについてご紹介します。

倉敷市について

岡山県の南部に位置する倉敷市。
人口は中国地方で三番目の規模となる47万人に上り、中核市に指定されています。
岡山県は瀬戸内のおだやかな気候と、海・山・川など豊かな自然に恵まれており、全国でも晴天の日が最も多いことから「晴れの国」と呼ばれています。また、岡山県は中四国地方の交通の要であり、どこに行くにもアクセスの良い立地です。

倉敷市は、倉敷美観地区など歴史ある美しい街並みや、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋など、全国有数の観光地でもあります。
一方で工業都市としても知られ、中でも旭化成の水島製造所がある水島地区は、
戦前から工業の街として栄え、現在では水島コンビナートとして日本有数の臨海工業地帯として発展しています。

倉敷市のアクセス

水島製造所のある水島駅から交通の拠点となる倉敷駅までは電車で約30分。倉敷から岡山駅までは約17分、そこからは山陽新幹線で大阪や広島にも30分〜1時間で足をのばせる便利な立地です。

岡山空港まではバスで約30分と、全国へのアクセスも快適。ちなみに岡山空港は、約2900台の無料駐車場を完備しています。
また、高速道路も便利で、中国自動車道、山陽自動車道、米子自動車道・岡山自動車道、瀬戸中央自動車道などは東西南北に走っています。

住環境

水島製造所に勤める社員の多くが暮らしている倉敷市。アクセスや利便性も良く、規模の大きい都市でありながら、家賃は驚くほどお手頃。
移住を検討している方向けの「お試し住宅」など、倉敷市では移住者へのサポートも充実しています。

※倉敷市の移住支援制度の詳細については倉敷市HPよりご確認ください。 倉敷市公式移住ポータルサイト 「 くらしき暮らし (移住支援)」

生活環境

◎温暖な気候で、おだやかな暮らしを実現。
年間の降水量1mm未満の日が全国で最も多いのが岡山県。倉敷市と同じ南部の岡山市で年間の平均気温は16.2度、積雪はほとんどありません。温暖な瀬戸内式気候で年間を通じて天気や湿度が安定しており、夏にはマリンスポーツやハイキング、冬は岡山県北部に行けばスキーやスノーボードを楽しめます。

◎買い物環境は便利で豊かな食を楽しめます。
アウトレットモールなど数多くの大型商業施設が立地しているほか、各地域にスーパーや商店街も充実しています。また、「朝市」が地域ごとに定期開催されており、倉敷を含め岡山県内外の特産品などの販売ブースが賑わっています。
瀬戸内の豊かな自然が育んだおいしくて安心な食材が入手でき、たこや鰆(さわら)などの魚介類のほか、「果物王国」とも呼ばれ、白桃やぶどう(ピオーネ、マスカット)、いちごなどの栽培が盛んです。

◎医療先進県とも呼ばれ、医療や子育て支援が充実。
最先端の医療技術で高度な専門医療を行う病院が数多くある岡山県。全国の比較でも、人口10万人あたりの病院・一般診療所数、病床数、医師数、看護職員数などで全国平均を上回っています(※1)。
また、休日夜間など診療時間外の当番医制や、小児救急医療電話相談が充実しており、小さなお子さんがいる家庭でも安心。子供の医療費助成や「妊婦・子育て相談ステーション」など、子育て支援も充実しています。

(※1)「平成28年(2016年)医療施設(動態)調査・病院報告の概況」 「平成28年(2016年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」厚生労働省

その他、倉敷市の暮らしの詳細については倉敷市HPよりご確認ください。 移住者インタビューなども掲載されています!
倉敷市公式移住ポータルサイト 「 くらしき暮らし 」