富士市について

移住希望地域ランキングでトップ3にランクインする静岡県。富士山をはじめとして、海・山・川・湖など豊かな自然に恵まれ、新幹線や新東名高速道路など交通アクセスにも優れています。

中でも富士市は、静岡県東部に位置する街。北に富士山や愛鷹山を仰ぎ、南に駿河湾をのぞんでいます。また、市内には日本三大急流の一つ富士川が流れ、自然とまちが共存。名産の田子の浦のしらすをはじめとして、新鮮な魚介類が豊富です。

富士市は豊富な水資源と木材の供給地への近接などを背景に、全国有数の「紙のまち」として発展してきました。その後、化学工業や自動車産業など工場進出が相次ぎ、現在では多様な産業が集積する県内有数の工業都市となっています。

富士市のアクセス

東海道本線「富士駅」と東海道新幹線「新富士駅」が利用可能となっています。新東名高速道路、東名高速道路、国道1号線も通っており、東京や名古屋へのアクセスが良好です。

新富士駅から品川駅まで新幹線を利用すれば約1時間で行けることから、富士市に居を構えて首都圏に通勤する人も。もちろんお出かけやショッピングにも便利な立地です。

住環境

便利な立地でありながら、家賃はお手頃です。住宅の取得にあたっては、200万円の奨励金交付(富士市に転入する夫婦のどちらかが40歳未満の若者世帯が対象)、富士地域材を使った木造住宅取得に30万円助成、マイホーム取得資金の利子補給制度など、様々な制度が充実しています。

生活環境

◎ゆとり&便利の両方を実現できる地方都市生活。
東京都と比べて、冬は約2℃暖かく、夏は約1℃涼しい、過ごしやすい気候も静岡県の魅力の1つ。ゆとりある生活を実現しながらも、東京や名古屋へのアクセスもよく、非常に便利な立地です。「田舎暮らしには憧れるけれど、大都市圏からも程よい距離で便利な生活も大切にしたい」という想いを叶えられます。

◎世界遺産・富士山を始めとした豊かな自然と文化。
富士山や韮山反射炉という二つの世界遺産を有する静岡県。東部に広がる伊豆エリアは全国有数の温泉地で、2018年に世界ジオパークに認定されました。中部には標高3000mを超える高山を九つ数える南アルプスや国宝・久能山東照宮、西部には浜名湖や茶畑も広がり、多彩な感動体験を味わうことができます。

◎子育てサポートが充実。
富士市では、授乳とおむつ替えのために気軽に立ち寄れる「ふじ子育てほっとステーション」が100カ所以上あり、安心して外出できる環境を整備しています。また、病児保育を実施する病院が2カ所、病後児保育を実施する保育園・幼稚園が4カ所と、子育て家庭へのサポートも充実しています。市内には63の保育園・幼稚園・こども園、27の小学校、17の中学校、6つの高校があり、地域に根ざした教育を受けることができます。