KDDIの考える「働き方」とは

KDDIでは、企業理念において全従業員の物心両面の幸福を追求することを掲げており、
男女や職種の区別なく快適に働けるよう、様々な制度を整えています。

具体的な制度としてはテレワークや変形労働時間制、育児・介護における時短や休暇制度・・・など。
社員たちが互いの仕事と生活をそれぞれ尊重しながら、制度を積極的に活用しています。

ご家庭のある転職者も多数入社しており、
KDDIに新たに中途入社した方々からは「柔軟な働き方ができてうれしい」
「ストレスなく子どもの送り迎えができるようになった」・・・など、様々な声を聞きます。

家族も仕事も充実させたい方、KDDIで力を発揮しませんか。
積極的なご応募、ぜひお待ちしております。

多様な働き方を支える制度

テレワーク勤務制度(在宅勤務)柔軟な働き方の実現および業務効率の向上を目的に、テレワーク勤務制度を導入。
※2016年4月に総務省認定の「テレワーク先駆者百選」に選定。
変形労働時間制業務量に応じて1カ月および3カ月単位の所定労働時間を変更できる「変形労働時間制」を導入。
勤務間インターバル制度健康管理、長時間労働の抑制、ワークライフバランスマネジメント等に対する意識向上を目的に、時間外労働を含む勤務終了時刻から次の勤務開始時刻までに最低「8時間」の休息時間を確保する制度を全社に適用。
育児と仕事の両立支援出産や育児と仕事の両立ができるように育児短時間勤務や子の看護休暇等の制度があります。例えば、2016年度における子の看護休暇の利用者数は男性が344人、女性が445人となります。
※各制度の利用には要件があります。