人事制度

ミッショングレード制度KDDIは、2013年度より管理職を対象にミッショングレード制度を導入しました。
ライン長が属するマネジメント役割と、非ライン職の属するプロフェッショナル役割を明確にし、
その大きさに応じて等級を設定しています。
過去の実績の積み上げによる評価ではなく、
現在担っている職務遂行上の責任・権限・成果の影響度合いなどの役割の大きさで
等級を決定する仕組みであり、会社貢献度の高い社員ほど報われる報酬体系となっています。
目標管理制度KDDIは、非管理職を対象に目標管理制度を導入しています。
会社・組織の目標と個人の目標を統合し、社員一人ひとりが自己の成長と能力向上にあわせた「個人目標」を上司との面談を通じて設定しチャレンジする制度で、人事評価とも連動しています。
また、目標達成のためのプロセスとなる立案力なども評価項目に入れ、より公平で透明性の高い人事評価を推進しています。

キャリア経験による育成

役員「補佐」職位の設置KDDIは、会社の経営手法を学ぶため、取締役の補佐役として業務を行う職位を2011年度に新設しました。
取締役が出席する会議などにはすべて同席し、経営者の考え方を間近で学ぶものです。
2014年度は、11名が補佐職に就き、2015年3月末現在で32名の補佐職経験者を輩出しました。
補佐職経験後は、ライン長として各部門での業務にあたっています。
KDDIの経営手法を直接取締役から学ぶ機会を与えることで、明日のKDDIを担う人財を育成しています。
ジョブローテーション制度KDDIは、複数の業務、部門を経験することにより、社員個々人の職域の拡大と適合を探求する「チャレンジローテーション」と、個々の専門性を深掘りし、さらにそれを伸ばすことにより会社に一層貢献することを狙いとする「プロフェッショナルローテーション」を設けています。
セルフキャリアプロデュース(SCAP)KDDIは、2008年度から、社員のやる気およびチャレンジ精神喚起のため、自らの意思で異動をプロデュースできる制度「セルフキャリアプロデュース(SCAP)」を導入しています。
これは、現所属で一定の業務経験を積み、評価を得た社員は選考の上、希望する部署へ異動できる制度です。
自己申告制度KDDIは、社員一人ひとりがキャリアの棚卸しや個人の状況を申告する自己申告制度を導入し、毎年実施しています。
所属長は、自己申告をもとに部下と面談を行い、コミュニケーション強化を図るとともに、キャリアプラン開発に活用しています。

研修や研鑽による育成

資格取得支援従業員の知識や技術力を向上させ、業務品質を高めるため、会社が必要とし指定する資格を取得した従業員に対し、受験料などの取得費用を支給し支援しています。
集合研修全社の従業員を対象に、職位や資格に応じ、業務遂行上必要な知識やスキルを習得する集合研修を実施し、従業員の生産性を高めています。
eラーニング全従業員が必要な業務知識をもれなく習得できるよう、共通のeラーニングシステムを構築・運営しています。
研修の実績2016年度は従業員一人あたりに換算すると、研修時間は6.5時間(総時間86,405時間)、研修費用は93,802円となります。

語学(英語)サポート

英語サークル活動支援社員の英語自己学習を支援する目的で、英語サークルの活動を支援しています。
支援内容は講師の派遣や活動費の支援です。サークルは職場単位で行われ、就業前や就業後、昼休みなどの業務時間外に活動しています。
経営幹部グローバルトレーニンググローバル事業・グローバル拠点をマネジメントできる経営幹部の育成を目的に、GIP(Global Intensive Program)およびGIP Jr.を行っています。
GIPでは対象者は半年間業務を離れて海外および国内にてトレーニングを受講します。GIP Jr.では業務と並行して国内で研修を行います。