次々と始まる
KDDIの新しい取り組みをご紹介。

  • 新しい取り組み
  • 実例
  • グローバル

次々と始まる新しい取り組み

Keyword1

次世代通信システム「5G」

あらゆるモノがネットワークにつながり、相互に作用することで、暮らしの利便性は大きく高まっていきます。つながるモノの数や種類が大幅に増えるこれからの時代を支えるために、研究開発が進んでいるのが、2020年頃にスタート予定の5G(第五世代)通信。ネットワークで起きるさまざまなイノベーション、その土台となるインフラとして注目されています。5Gの大きな特徴は、「高速化」と「低遅延」です。通信速度が速くなるだけではなく、「確実につなげる」ことを実現することで、医療機器や車の自動運転などの分野での活用が予想され、そこから起きるイノベーションへの期待も高まっています。

Keyword2

世の中のIoT化推進

IoT市場全体の成長率は、20%以上で推移すると予想されています。ですが、多くの企業から「IoTをどうやってビジネスに活かせるのか」などの声が多く挙がっていることも事実です。そこでKDDIでは、通信モジュールやM2Mから培ってきたネットワークの知見や数多くの事例をもとに、各業界にあったIoT活用を提案し、あたらしいビジネスを共創しています。たとえば農業支援の場合、ビニールハウス内の温度や乾燥、日照などを監視し、状況に応じてLED補光やCO2の局所添加を行うといった、あたらしい農業のカタチに向けた実証実験が進んでいます。また、SIM単体でデバイスと各種IoTサービスとをつなぐIoT向け回線サービス、「KDDI IoTコネクト Air」の提供も開始しました。

Keyword3

通信とライフデザインの融合

KDDIは、通信サービスを中心に、コマース・金融・エネルギー・エンターテインメント・教育などのライフデザインサービスの提供を続々と開始。例えば、スマートフォンを預金、決済、投資、ローン、保険といったあらゆるサービスの入り口とし、お客さまにスマホ・セントリックな決済、金融体験を総合的に提供する「スマートマネー構想」を始めました。飲食関連では「食べログ」で「au PAYが使えるお店」の紹介や、「食べログ」掲載店舗で「au PAY」をご利用いただくお客さまにポイント還元を実施するなど、「au PAY」と「食べログ」の連携がスタート。さらに、教育の分野ではキッザニアにおいて先端技術で、こども達が近未来の仕事にワクワクし、楽しみながら学び、生きる力を自ら育むことを強力にサポートします。KDDIは「通信とライフデザインの融合」による、新たなお客さまの体験価値の創出をし続けています。

あのニュースも実はKDDI

Keyword1

国内初!

KDDIは各パートナー企業と共に国内初、5G等を活用した複数台の遠隔監視型自動運転の実証実験を実施いたしました。本実証実験では、国内で初めて(※)一般公道において次世代移動通信システム「5G」を活用した複数車両の遠隔監視型自動運転を行います。

※5Gを活用し一般公道における遠隔自動運転の実施
(2019年2月5日 KDDI調べ)

Keyword2

ドローン山岳救助!

KDDIは富士登山の遭難者救助を目的とした、ドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功しました。これまで登山中の遭難者救助において、遭難位置や現場状況の把握が困難でした。このシステムにより遭難者の居場所の特定から、遭難場所の状況確認を行うことで、救助のスピード向上と効率化を図ります。

※3,000m以上の高高度に対応し、山での強風、雨、雪、霧等のより厳しい環境でも飛行可能な、
コンパクトに折りたたみできる山岳用に開発したドローン。

Keyword3

マグロ養殖基地化を実現するIoTシステム

KDDIは各パートナー企業と共に五島市における「マグロ養殖の基地化」の実現を目的とした、IoTシステムの実証実験に成功しました。これにより、海水の採水から赤潮検知、漁業者への通知までの時間を約98%削減することを実現しました。

日本の通信技術を、新しい地で。

Keyword1

新興国支援(モンゴル・ミャンマー)

全世界での携帯電話普及率は95%にまで及んでいますが、一方でSIMカードの複数所有を考慮した場合、人口普及率は50%ほどとなっており、これから多くのモバイルユーザーが生まれると想定されています。KDDIでは、日本で培ったノウハウを世界に還元するべく、新興国への支援を積極的に行っています。モンゴル通信事業においては、モンゴル国内携帯電話契約者シェアNo.1のモビコムを子会社化して、4G LTEサービスや映像サービス「MobiPlay」を開始。ミャンマー通信事業においては、携帯電話基地局の増設や運用体制の強化、エリア拡大などのネットワーク品質向上や信頼性向上に向けて取り組むなど、実績を着実に上げています。

Keyword2

データセンター「TELEHOUSE」

KDDIでは「TELEHOUSE」ブランドとして、世界13の国と地域・24都市・48拠点でデータセンターを展開。1980年以来、35年以上にわたって培ってきた実績は、多くのお客さまから高い評価をいただいています。IoT化が進むクラウドファーストの昨今、環境への配慮といった社会背景も鑑みながら、これまでよりも多くのニーズが寄せられてきています。世界各地で展開している「TELEHOUSE」だからこそ、こうした高難度なニーズとお客さまの主要ハブ地域とを結びつけることが可能となっているのです。今後のデータセンターへのニーズの高まりも受け、さらなる事業規模拡大も積極的に図っています。

Keyword3

コネクティッドカー

トヨタ自動車株式会社と共同で取り組んでいるコネクティッドカー開発。自動車メーカーのグローバル戦略に合わせて、その重要度はますます高まっています。KDDIに求められているのは従来の回線提供とは異なり、各地域のローミングサービスなどに依存しないグローバルプラットフォームの構築です。このプラットフォームを他の事業者も利用可能にすることで、普及の拡大を図っていきます。さらに、コネクティッドカーから収集されるデータを活用して、魅力ある製品の開発やアフターサービスなど、新しいビジネスにもつながっていきます。この分野はいま、KDDIにとって非常に重要な戦略として位置づけられているのです。