ソフトウェアエンジニアが今、デンソーウェーブを選ぶ理由とは?

ソフトウェアエンジニアが今、デンソーウェーブを選ぶ理由とは?

PROFILE

前職:FA系ソフトウェアエンジニア。Uターンでデンソーウェーブに入社。
■現在は、自社製品だけではなく、ありとあらゆる機器を通信で繋ぐためのIoTソフトの開発に取り組んでいます。

理由1教育・設備

最新の開発環境。意欲もスキルも高い同僚。
毎日、刺激を受けています。

開発に集中できる環境があります。PCやモニター、キーボードなど必要な備品に関しては積極的に投資。リモートワークになったときも報奨金が支給され、自宅の開発環境を整えることができました。私はいま製造業を中心にIoTでさまざまな機械をつなげるソフトウェアの開発を手がけていますが、普段から意欲もスキルも高いエンジニアと仕事ができるため刺激を受けます。また、アジャイル開発の第一人者が登壇するようなデンソーの勉強会にも参加することができます。転職してやりたいことの幅が広がったため、どんどんクリエイティブなことにチャレンジしていきたいです。

理由2働き方

リモートワーク。車通勤。
自由な働き方を選択できます。

私は今はコロナウイルスの影響もあり、ほぼ毎日リモートワークをしています。VPN(仮想プライベートネットワーク)が導入されているなど、リモート環境が整っているので、出社するのは現在は月1回ほど(注)。労働時間に変化はありませんが、片道45分の通勤時間がないのはうれしいです。ただリモートワークになると雑談や人の気配がなくなりメンバーが孤立してしまう可能性があるため、努めてコミュニケーションの機会を設けています。ブレインストーミングや対面でのミーティングをするために半日だけ出社する、ということも可能。リモートワークやフレックスタイムでの出勤など一人ひとりが自分で働き方を選ぶことができます。

(注)通常時の規定においても、月5日までのリモートワークが可能です。

理由3労働環境

高速道路通勤も可能。
大手グループならではの福利厚生も魅力。

今はリモートワークが中心ですが、出社する場合も前職と比べれば通勤は快適になりました。車通勤が許されていますので、これまで一度も満員電車に乗ったことはありません。さらにガソリン代だけでなく高速道路料金の補助があるため通勤時間も短縮できます。電車通勤だとしてもフレックスタイムを活用すれば朝のラッシュを避けて出社することができます。会社の近くに住んで自転車で通勤している社員もいますよ。ほかにも1食300~600円で食べられる社員食堂があるなど、大手ならではの福利厚生もひとつの魅力です。

あなたもデンソーウェーブで
エンジニアとして
理想の働き方を実現しませんか?

この仕事の詳細を見る
募集職種を見る>