偶然の出会いが、新たな目標の一歩に。

前職では、約10年に渡ってソフトウェア開発に携わってきました。請負での開発がメインだったこともあり、いずれは自社商品を開発してみたいという想いを抱えていたのですが、念願が叶い2年ほど前から自社商品の開発を任されるように。目標としていたことだったので、もちろんそのプロジェクト自体はとてもやりがいがあったのですが、同時に目標が叶ってしまったことでの喪失感があったんです。プロジェクト終了後に次の目標がなかなか見つからず、「このままでは成長が難しいのでは」と感じたのが、転職を考え始めたきっかけです。

実際にするかどうかは別として、自分の考えを整理してみようと始めた転職活動。そんな時に人材紹介会社から勧められて参加した説明会で、偶然出会ったのがファナックでした。
正直、その時まで何をしている会社かも知らなかったのですが、ファナックが提供するFIELD systemの仕組み、目指す未来を知った時に、とても魅力的に感じたんですね。しかも、FIELD systemに関しては、できあがった商品を売るのではなく、商品としてこれから作り上げていくという、まさにスタートアップのような段階ということにもワクワクしてしまって、「もう、次の目標はここに挑戦するしかない」と、転職を決意して飛び込みました。

まるで経営者のように仕事を意識する面白み。

ファナックへの入社後は、ファナック製のオープンプラットフォームFIELD system用のSDK(ソフトウェア開発キット)と、工場の生産性を向上するための工夫を具現化するアプリの開発を担当しています。

中でも、アプリの開発では「こういうアプリを作って欲しい」というミッションはなく、実際に導入している工場現場のニーズを踏まえて「どんなアプリがあったら便利か」を自ら企画するところから行っています。また、開発時には、「FIELD systemなら、これほどのアプリがこんなに短期間でできますよ」ということをお客様やソフトウェアを開発して下さるパートナ様向けにアピールする側面もあるので、短期間で効率よく開発を行うことが求められます。

まだできたばかりのこの部署特有かもしれませんが、裁量権が大きく、開発スピードがとにかく速いこと、またお客様からのフィードバックが同じ部署のビジネス部隊から直ぐ聞けることが特徴です。期の始まりには、アプリ開発用の予算も自分で申請するので、「この予算内で、この仕事内容は赤字にならないだろうか」などと、一つひとつの仕事をまるで経営者のように意識するようになり、今までにない新たな面白みを感じています。

機械が自ら考え動く世界の、実現を目指して。

最初は仕事の進め方の違いや、余りのスピード感に苦労したこともありますが、それ以上に少しでも時間を無駄にしないための判断・思考スピード、それに効率化のスキルはこの短期間でもかなり磨かれました。一部上場の大手メーカーで、これだけの裁量権を与え、このスピード感で仕事をしているところはまず無いのではないでしょうか。

この先の新たな目標は、FIELD systemを更に追求していき、機械が自ら考える工場を実現させること。機械が自ら考え動いてくれたら、その仕事を担当していた人は、生産性や効率性の向上といった、新たな仕事に挑戦することができるはずです。それが一つの工場だけでなく、世界中の工場で実現できたら、いったいどんな社会になるのか。考えるだけでもワクワクします。決して夢物語ではなく、ファナックでなら実現できるはずですし、実現させてみせます。