工場見学が転職のきっかけに。

学生時代に空気圧サーボを研究していたこともあり、卒業後は総合機械メーカーへ入社し、サーボ制御の研究に携わっていました。その後は研究部門を離れ、産業機械の新製品用の制御設計・開発なども経験しました。

ファナックへの転職は、学生時代の同窓会組織で偶然参加したファナックの工場見学がきっかけです。近い業界だったのでファナックのことは知っていましたが、想像以上のパフォーマンスで稼働する工場や、社員の方々の考え方に触れ、興味を持つようになったんです。
その際、特に惹かれたことが二つありまして、一つはファナックにはFA(工場自動化)という事業があるのですが、実際に自社工場でもロボットなど自社製品を導入し、FAで効率よくモノづくりを行っている点。もう一つは、「壊れない、壊れる前に知らせる、壊れてもすぐ直せる」というスローガンにあるように、モノづくりの姿勢として『信頼性』をなによりも重視している点。

その後は、転職するまで早かったですね。工場見学後もファナックのことが気になり、ふと覗いた会社HPに中途採用の募集が掲載されていたので、この機会にと転職を決意しました。

前職での経験・知識が、開発の効率化につながる。

所属する『ソフトウェア研究所 次世代CNC基本ソフト開発部』は、名前の通り現行製品の次の世代の開発を行う部署です。その中で私はCNC(コンピューター数値制御装置)とサーボモータを繋ぐ通信ソフトウェアの、次世代向け対応を担当しています。担当者は設計からリリースに至る開発業務に一貫して携わることができるんですよ。

ファナックのCNCは様々な工作機械や産業機械に応用される汎用性の高い商品なので、新米開発者にとっては、勉強しなければいけないことだらけです。ただ、入社後研修でFA業界やCNCの基礎を座学でしっかり学べたのと、OJTで先輩社員がついてくださっているので、大きな不安はないですね。

もちろん、ドキュメント作成やプロジェクトの進め方など、前職の経験が活かせる機会も数多くあります。特に私の場合は、近い業界で経験したサーボ制御と産業機械の知識があるため、コードのディテールを全て追わなくても実際の機能をイメージできる場合があり、開発の効率化につながっています。

世界トップシェアだからできるプロジェクト。

次世代CNCの開発は、ソフトウェアだけでも40名以上の社員が専任で関わっている大きなプロジェクト。次世代製品にも関わらず、これだけのリソースを投資できるのは、CNC世界トップシェアのファナックだからこそできることなのかもしれません。
しかもCNCは工作機械や産業機械とともに、世界中のモノづくりの現場に導入されます。言わば、世界中のモノづくりの未来がかかっていることでもあるので、責任とともに大きなやりがいを感じています。

実は、ファナックへ転職する際、それまでは首都圏に住んでいたこともあり、妻は環境が変わることへの不安を感じていたんです。話し合いを重ねて、最終的には納得してもらい家族で移住してきたのですが、現在は忍野村の生活にも慣れ、家族揃ってここでの生活を楽しんでいます。