医療に対する強い想いがあり、日立ハイテクノロジーズへ。

私は大学院時代、遺伝性疾患を研究テーマにしていたことで、関連する学会へ参加したり、疾患への理解を深めたりと、医療業界と近いところにいました。その中で社会への影響力による使命感や、この業界をもっと良くしていきたいと、たぶん心のどこかで考えていたのだと思います。大学院を卒業後は情報系の会社でSEをしていましたが、やはり大学院時代の想いがつのり、医療に関わる仕事をするために臨床検査技師の資格を取得しました。

資格取得後は検査センターでの検査技師、治験コーディネーターを経験してきました。医療関連業界に携わっていることで満足していた反面、仕事としてはそれまでの経験が活かしきれていないというギャップがあったのが正直なところです。より自分の介在価値が発揮できるような仕事を求めて、転職活動をするようになりました。
当時、日立ハイテクノロジーズのことは対象にしていなかったのですが、転職サイトがきっかけでオファーメールを受け取り「機器メーカーという選択肢があったのか」と気づきました。情報収集をしっかりして、周りの人の意見も参考にしたところ、当社なら自分の成長もやりがいも追い求めていけるだろうと確信しました。


高品質を生み出す開発プロセスに触れる。

私は現在、臨床検査に必要な前処理・後処理業務を自動化するシステム「検体検査自動化システム」を取り扱っています。お客様が求めているニーズを運用面からヒアリングし、必要な機能や製品をご提案しています。システム担当としてお客様のもとに伺った際にはレイアウト含めた相談を受け、設計担当と連携してお客様のご要望を満たす仕様を構築していきます。

幸い以前所属していた検査センターでも当社の分析装置を使っていたので、お客様の困りごとはスムーズに読み取れました。自分がユーザーとして使用していた時から「日立ハイテクの製品は分析スピードが速く故障しにくい」という印象があったのですが、高信頼性・高品質・高処理能力を生み出す開発プロセスと厳しい耐久テストなどを実際に知ることで納得し、より自信を持ってお客様におすすめすることができています。


0から1を生み出す仕事に取り組める。

今後はより大きな検査室を保有する大学病院や検査センターを担当してみたいと思っています。技師をしていた時から業務の繁閑バランスの悪い医療業界の働き方に疑問を感じていたので、医療に携わる人の業務効率を平準化できるような高品質で高処理能力を実現できる製品開発に少しでも携わっていけたら嬉しいです。

当社では今ある機種のバージョンアップではなく、0から1を生み出す仕事が増えているので、まったく新しいものを生み出す視点、実行力のある方が活躍できると思います。転職時には住居も移すことになり、環境が大きく変化することに最後まで悩みましたが、今はその時の選択に間違いは無かったと考えています。


医用分析装置のほかのインタビューを見る >


■最先端の分析機器を世界に送り出す。


募集職種を見る>