送変電システムのど真ん中にある巨大な機器が、あなたを待っています。

写真は、変電所の主要構成機器である「変圧器」と「開閉装置」です。
変圧器は変電所の“主役”と呼ばれる機器で、発電所で発電された電力は変圧器により、長距離送電のロスを低減するために超高電圧に昇圧され送電されます。開閉装置は、家庭でいうブレーカーの役割を果たし、落雷などによる事故から系統を守り、電力の安定供給を支えています。

日立製作所は、これら電力流通機器の開発において100年以上の歴史を持つ企業であり、国内外の数多くの発電所や変電所に製品や技術を提供しています。特に、高電圧、大電流を制御する分野で豊富な実績を積み重ね、高い信頼性が求められる大容量の変電機器を世界各国に納入しています。

設計部門では電力流通の技術革新を支える面白さが味わえます。

変圧器や開閉装置は古い歴史を持ちながら、常に技術革新が図られ、設計開発エンジニアにとっては「つくる」面白さを追い続けられる機器です。例えば、電力は電圧を高めるほど送電ロスが低減できるため、常に高電圧化・大電流化が推し進められ、それに伴い機器も進化し続けています。

今後は、風力発電などの再生可能エネルギーに対応した送変電システムや世界の電力流通システムの主流になると注目されている高電圧直流送電(HVDC)など、送変電システムの進化・グローバル化とともに、機器の進化も求められます。そして、さらなるグローバル展開に向け、生産リードタイムの短縮化に向けたモジュール化や開発の標準化、設計の効率化など、いち早く取り組むべきテーマも多くあります。

品質保証部門では日立の品質を守り、世の中の安全を守る醍醐味を味わえます。

社会インフラの重要性が再認識される中、特に電力の安定供給への関心が高まっています。その中で常に技術革新が図られる変圧器や開閉装置を初めとした変電機器の品質を守っていくのが品質保証です。国内電力会社や民間会社、海外のあらゆる市場に信頼性の高い製品を供給することを通して、電力の安定供給に貢献しています。

納入された製品・システムが所定の機能・性能・耐久性などを確実にクリアしているかどうか、徹底的な技術検証を行い、ロスコスト低減の先手管理することも重要なミッションです。また、各機器の品質確保と国内・海外変電所での現地総合試運転を通して変電システムの品質確認を実施し、世の中に電気を送り出す最後の砦としての役割を担います。日立の品質を守り続けていくことで、世の中に電力を安全に送り出していく責任とやりがいの大きな仕事です。

設計部門は機械/油圧/電気系の経験者を、品質保証部門では強電/重電業務の経験者を求めています。

【設計部門】
電気磁気学/電気回路/過渡現象などの検討/解析評価経験といった電気に関わる業務経験をお持ちの方はもちろんのこと、 機械設計、油圧装置設計の経験者も歓迎します。変圧器や開閉装置は巨大な機械構造物のため、さまざまな製品や分野の設計経験が活かせます。電気に関する知識や技術はOJTで身につきますので電力流通機器に関する経験も問いません。ですから自動車や製造装置関連などの設計経験者も活躍していただけます。
扱う大型変圧器の重さは500トン以上になるなど、機器そのものの大きさも、機器が果たす役割も大きく、スケールの大きな仕事ができます。

【品質保証部門】
今後の海外EPCビジネス拡大に対応するため、即戦力となる強電/重電関係の業務経験者を必要としています。
変電設備、発電設備を扱っていた方はもちろん、保護リレーシステムの経験者、電気計測器が使用できる方も歓迎します。
扱う製品は特別高圧から高圧、低圧の送変電製品、ヨーロッパ、東南アジアなど海外からの購入品等、多岐に渡るので幅広い知識、スキルを身につけていけます。

あなたが送り出す電力が、永く、国境を越え、多くの人々の生活を支えていく。
大きなロマンを持てるモノづくりをしていきませんか。

※2015年9月25日時点
※最新情報は下記の募集職種一覧よりご確認ください