Q.転職をした理由はなんですか?

---転職を決めた理由を教えてください。

私は新卒で電力会社へ入社。6年勤めた後、日立製作所へ転職しました。前職の会社や仕事に大きな不満があったわけではありません。ただキャリアを積むごとに、自分の成長という意味でも会社の成長という意味でも限界を感じるようになりました。
 
日立を選んだのは、成長性と技術力。日立は英国ホライズンプロジェクトをはじめ、海外でも大きなプロジェクトを受注しており、今後も電力プラント事業が大きく成長していくのが見込まれています。また、前職から日立の技術・品質の高さは知っていました。事業計画全体の方向性を決める前職の電力会社とエンジニアリングを預かる日立は役割が違うため比較はできませんが、「コア技術を自分の中に蓄積したい」と考えていた私にとって、エンジニアリングという技術をリードする日立の環境はとても魅力的であり、日立への転職を決めました。

Q.住む場所を変えて転職することに不安はありませんでしたか?

---日立製作所へ転職すると伝えた時のご家族の反応はどうでしたか?

妻は静岡の出身なのですが、前職でも所縁のない関西についてきてくれた経緯があったので、驚きや戸惑いはなかったようです。前職でもそうですが、所縁のない土地への転居に柔軟に対応してくれるのは非常にありがたいですね。転職活動中も転勤があることを伝えていましたので、むしろ私の転職が決まって、次のステップに行けることを一緒に喜んでくれました。

住まいについては、会社から「好きなエリアで構いません。ひたちなか市だけでなく、水戸市や柏市から通勤している社員もいますよ。」と言われていました。以前は片田舎だったので、住む場所は選べるほどなくて(笑)。結局、社員寮に住んでいたので「自分たちで選べる」という嬉しさはありました。

とは言っても、関西出身の私にとって関東は未知の世界。茨城県出身の知人に相談したところ、水戸と勝田を薦められました。勝田から会社までは30分くらいと通勤もラクで、東京まで特急で直通とアクセスもよく出張の時も便利。しかも、家賃は水戸より安い!今は勝田を選択してとてもよかったと思っています。



---実際に勝田に住んでみてどうですか?

ひたちなか市は住みやすい街だと思います。最寄り駅は「勝田駅」になるのですが、家から徒歩5分のところにスーパーがありますし、映画館や大型家電量販店の入ったショッピングモールまでもクルマで約10分。水戸や土浦にもすぐですから、基本的に近隣で何でも揃いますし、どうしても足りない場合は東京にもすぐに出掛けることができます。妻はクルマを運転しないのですが、日々の買い物は徒歩で事足りますし、東京に遊びに行きやすくもなり、特に不便は感じていないようです。

日立は毎週水曜日がノー残業DAY。夫婦揃って食事をしたり、会話の時間も増えました。土日もしっかり休めるので、プライベートも充実しています。普段の週末は、もっぱらドライブと買い物。ドライブがてらアウトレットモールに行ったり、妻も私もガラスが好きなので九十九里のガラス工房を見学したりと楽しんでいます。

また、北関東道や圏央道など、高速道路も整備されていて小旅行もしやすいので、長野や栃木、神奈川などに足を延ばすことも増えました。最近のお薦めは、長野県にある竜王高原。ロープウェイで上った山頂のテラスからは、運がよければ雲海が見え、とても幻想的。夫婦で関東を満喫しています。

Q、現在の仕事内容を教えてください。

---仕事のやりがいや日立製作所で見つけた新たな目標について教えてください。

現在、電力プラントで使用される燃料貯蔵に関する設計を担当しています。元々自分自身にコアとなる技術を蓄積し、会社の成長に貢献していきたいと考えていたので、電力プラントのエンジニアリングに欠かせない現在の業務にやりがいを感じています。面接時に「プロジェクトマネージャー」へのキャリア形成を希望していると伝えていたこともあり、精機設計グループでは技術的ディテールを、エンジニアリングセンタでは電力プラント計画の概念設計を学ぶことができています。将来的には、プロジェクトマネージャーとして、技術知見の広さ・深さはもちろん、パートナー企業との調整や契約対応、工事計画、設計、評価と様々な観点で業務をリードできる人材となり、会社に貢献していきたいです。

日立は風通しがいい会社。上司への提案は歓迎されますし、社歴や年齢にかかわらず、技術的意見を求められるシーンも多々あります。今の部署は中途社員が比較的少ないのですが、少ない中途入社組で月に一度飲みにいき、お互いの近況報告をしあっています。部署でも月1回懇親会があったり、別部署の飲み会に連れて行ってもらったり、リーダーをはじめ周囲の方々が部門内外の人脈づくりに配慮してくれるのも嬉しいですね。お互いに興味を持ちあえる社風も気に入っています。

江草さん、オススメ!

その他、ひたちなか市のオススメスポット

1年を通じて多数の観光客も訪れる、国営ひたち海浜公園!


「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」の会場としても知られる茨城県を代表する観光スポットです。開園面積約200haの広い園内は7つのエリアに分かれており、自然の中で楽しめるレジャースポットや花畑があります。
特に「みはらしの丘」では1年を通して多くの花を見ることができます。一面が青い絨毯と化す一面に広がる約450万本ものネモフィラは国営ひたち海浜公園の代表的な花の一つ。4月下旬〜5月上旬には毎年多くの観光客が訪れます。

日立社員の台所!?那珂湊おさかな市場!


その日の朝に水揚げされた新鮮な魚介類をリーズナブルな価格で販売する量販店街として人気があり、関東を代表する観光市場としても県内外から毎年およそ100万人が訪れている市場です。
敷地内には海鮮料理や寿司屋など、港町ならではの旬の食材を楽しめる食事所も多数軒を連ねており、日立社員にも大人気です。