グループ経営ソリューションについて
あまり知られていませんが、ISIDはグループ経営管理の先駆者です。1990年代から上場企業をはじめ大企業のお客様に対して企業グループの基幹業務や経営管理のサービスを提供してきました。その中心となるのがビジネスソリューション事業部で、自社製品を軸に、ワンストップソリューションでお客様の成長を支援しています。現在では次世代の会計システムも開発中。次のチャレンジに向け、次々とプロジェクトが動き出しています。
林 晃司
ビジネスソリューション事業部
グループ経営ソリューションユニット長
01
Advantage
グループ経営管理のソリューションをワンストップで提供できる。

ISIDのグループ経営ソリューションは、1984年に創立時の親会社であるGEのネットワークシステム上に連結会計システムを構築したことに端を発しています。以降ISIDは個社毎の会計システムや経営管理システムを構築するだけでなく、企業グループ全体を管理するためのソリューションを提供し、子会社やグループ会社を多く持つ各業界のトップ企業をサポートし続けています。当社の強みは自社開発の連結会計システム「STRAVIS」をはじめとした確かな製品群を軸にワンストップでソリューションを提供できること。営業や開発、公認会計士など各分野のプロフェッショナルが揃っていることで、企業のライフサイクル全体のサポートが可能です。

サービス領域が広いから、意欲次第でどこまでもスキルアップできる。
02
Growth
サービス領域が広いから、意欲次第でどこまでもスキルアップできる。

現在、ビジネスソリューション事業部では「Reinvention」というビジョンを掲げています。これは既存の延長の考えではなく、新たな価値の再発見を意味しています。まず、旧来のグループ経営管理のあたりまえを疑ってみる。まさに我々が今取り組んでいるのは、使いやすさや繋がりやすさを追求した次世代製品の開発です。何かのシステムの置き換えではない、まったく新しい画期的な製品です。私は今後グループ経営管理の分野においても、コミュニケーションとコラボレーションが重要だと考えています。これは当社においても同じです。各分野のプロフェッショナルが知恵を出し合って、お客様の課題解決を図っていく。幸い事業部には中途入社者が多いので多様性を受け入れ、活かす風土は築かれています。

グローバル対応など成長が続く市場。
03
Market
グローバル対応など成長が続く市場。

私たちのお客様は海外進出、M&A、IFRS対応等、持続的な変化と成長が続いていく大手企業です。「仕事は増え続けるが人手は増えない」「経営層が求めるグループ業績情報をタイムリーに提供できていない」という課題に対して、今まさに一層高度な提案が求められています。必然的に成長が続く市場で、ここでしかできない、自分にしかできない仕事をやりませんか。