転職者が語るグループ経営
ソリューションの魅力

沼 健一
前職:会計システムメーカー
所属:グループ経営コンサルティング4部
奈良 恭平
前職:経営管理システムのコンサルティング企業
所属:グループ経営コンサルティング4部
堀口 駿
前職:ソリューションプロバイダー(営業)
所属:グループ経営ソリューション営業部
鈴木 友二
前職:監査法人
所属:グループ経営コンサルティング1部
鈴木 友二
鈴木 友二

多様な個性が集まった、強いチーム。

前職の監査法人時代は全てに関して自分で動くことが多かったのですが、ISIDではチームとしてパフォーマンスをあげる環境が整っています。連結会計を導入するような大企業ではトータルソリューションが不可欠なので、強いチームで提案できるISIDにはアドバンテージがあります。私は公認会計士の資格も持っていますが、他にはない環境で個人としての市場価値が高まっていると感じています。
沼 健一
沼 健一

自ら動く人にはチャンスの多い会社です。

私は希望が通り入社後からすぐに全社をあげて取り組んでいる「次世代会計システム」の設計・開発にジョインできました。現在では製品テストのリーダーを担っています。前職はシステム導入がメインだったので、設計・開発の深い知識はなかったのですが、ISIDの製品開発プロジェクトに携わることで「自分が設計したものを導入する」という貴重な体験ができています。
奈良 恭平
奈良 恭平

仕事も働き方も、個人の裁量が大きい。

入ってみて驚いたのですが、テレワークも積極的に導入していて、働きやすい環境が整っていました。プロジェクトの状況によりますが、個人の裁量が大きく働き方も自分次第。様々なプロジェクトが動いているので、貪欲な人にはまたとない環境だと思います。私も次のスキルアップに向け、挑みたいプロジェクトに手を挙げ、希望通りアサインしていただきました。
堀口 駿
堀口 駿

「優秀な人が揃っている」と自信を持って言えます。

グループ経営管理は企業の根幹に携わる仕事なので、必然的に社内での会話もレベルが高くなります。経理・会計の知識を備えるのはもちろんのこと、経営者の視点に立って日々コミュニケーションを取っています。幸い社内にはエンジニア~公認会計士の資格を持つメンバーまでいるので、広範かつ深い知見が自分のものになります。

ISIDに転職した理由

鈴木 友二
鈴木 友二
私の場合、前職の監査法人の時にISIDのシステムを活用していました。当時、導入企業側から見ても優れたシステムだという印象を持っており、自分が提案すればもっと広まると確信していました(笑)。お客様のニーズを熟知しているからこそ、効果的な導入方法が分かったのです。また、監査法人というのは立場上、常に公平性が求められるのですが、私はお客様にもっとコミットして事業成長の一助を担いたいと常々思っていました。ですから、私はISID以外の転職は考えられなかったですね。
沼 健一
沼 健一
前職では会計システムメーカーで導入コンサルタントとして全国各地のお客様のもとを伺っていました。年次が上がるにつれてPMも任せていただきましたが、もっと会計全体の知識・スキルを身に付けたいと思い転職を考えました。そんな時に出会ったのがISIDです。当時、システム導入でお客様の声を直に聞いていたので、それを開発に取り込みながら、なおかつ会計全体の見識を広げる絶好の機会だと考えました。
ISIDに転職した理由

ISIDでの仕事内容

奈良 恭平
奈良 恭平
私は現在数億円規模のビックプロジェクトに携わっています。M&Aなどで世界的に成長しているお客様に対して最適なソリューションを提案するのは簡単ではありません。だからこそ実績を残している我々は信頼され、課題解決をし続けることで長いお付き合いができています。
堀口 駿
堀口 駿
営業として連結会計、経営管理、一般会計と3つのフィールドでお客様にソリューションを提案しています。主に自社製品STRAVISを使った提案をしていますが、これまで上場企業などの導入実績が豊富にあるので、お客様も興味を持ってもらいやすいです。社内には各分野のプロフェッショナルが揃っているので、連結会計のソリューションをワンストップで提案でき、大企業のグループ経営を支えるインパクトの大きな仕事ができています。
ISIDでの仕事内容

ISIDへの転職を検討している方へ一言

鈴木 友二
鈴木 友二
良さを端的にまとめると、東証一部上場企業の安定した環境のなかで、超大手のお客様に対して自信の持てる製品・ソリューションを提供できる、ということですね。
沼 健一
沼 健一
特に開発経験がある方で自分の考えを製品に反映させたい方や、ハイレベルな環境で自分を伸ばしたい方には絶好の環境だと思います。
奈良 恭平
奈良 恭平
やはり私は働き方の部分を推したいですね。自分の中のSI=激務というイメージはガラッと変わりました。夜19時に誰もいないなんてこともめずらしくはありません。
堀口 駿
堀口 駿
営業という観点でいうと、自分がフロントに立って数億円規模のプロジェクトをまとめる醍醐味はISIDならでは。タフなこともありますが、グループ経営管理という市場価値の高い領域で成長を日々実感できます。
ISIDに転職した理由