• 平野岳人

    前職:SIer
    所属:グローバルソリューション部

    多様性のある会社でプライム案件に携わる

    ISIDを選んだのはプライム案件でPMとしてより成長できると思ったからです。さらに調べる中で中途入社者が多くいる点にも惹かれました。入社後は大手金融機関に常駐し、勘定系システムに携わっていたのですが、「自分の意見が言える」「週一で社内共有会があり深い事例を知ることができる」「意志を持ってチャレンジできる」など、それまでの常駐というイメージを覆すような風土でした。入社してから現在まで前職の知識を活かしながら風通しがよい環境で仕事ができています。

  • 井上 格太

    前職:SIer
    所属:オープンイノベーション部

    新しい芽が集まる「FINOLAB(フィノラボ)」

    私は現在「FINOLAB」のコミュニティを活用したスタートアップとの協業を行っています。例えば「生番組視聴中に商品を購入できるライブEコマース」「地域電子通貨」「法人プリペイドによるキャッシュレス」などニュースになるような実証実験を行い、現在では発展した新たな取り組みを実施中。スタートアップの方々からも「ISIDが入ることによって実現性が高まる」と言っていただけており、「日本から世界で話題になるようなサービス」を生んでいきたいと思います。

  • 竹内 進

    前職:総合印刷会社
    所属:新規事業創造部

    理想を追求した結果、ISIDにたどり着いた

    転職時の選択肢は色々あったのですが、上場企業でありながらも意思決定のスピードが速く企画から実装までのスパンが短い、という私の希望を叶えられる会社がISIDしかありませんでした。面接でも品定めされている感じが一切なく、フラットにできる事・やりたい事が話せました。 

ISIDに転職した理由

  • 平野 岳人

    中途入社者が多くいるので風通しがよいと思った
    私はSIerに新卒で入り、大手金融機関の国内勘定系システムに携わっていました。システム開発を一通り経験し、PMとして仕事の規模が徐々に大きくなるにつれて「さらに上流、プライム案件に携わりたい」と考えるように。ISIDを選んだ最大のポイントはプライム案件ができることですが、色々調べる中で中途入社者が多くいる点にも惹かれました。転職活動をするまでISIDを知らなかったのですが、調べれば調べるほど魅力的な会社だと思いました。
  • 井上 格太

    新しいことを生みやすい会社
    前職のSIerではシステムエンジニアから始まり最終的にはアメリカのスタートアップ企業の日本展開まで携わってきました。新しいことを生み出すのは面白いと感じていましたが、会社の規模によってそうそう簡単に取り組めるものではありません。そこで「新しい企画、新しい事業を生み出しやすい会社=ISID」だと思い転職を決めました。ちょうどISIDが「FINOLAB」を開設する時期で、新しいことに取り組んでいく風土に惹かれたんです。
  • 竹内 進

    スタートアップなども検討したがISIDへ
    「海外に通用するような新しいサービスを生み出したい」その思いを叶えるためにISIDに転職しました。前職で競合するようなサービスを取りまとめ、LLPという組合方式で新サービスを作る経験をしたのがきっかけです。転職時はスタートアップや大手キャリアなども視野に入れましたが、「幅広さ」「雇用の安定」「組織規模」「柔軟性」などいいとこ取りで絞っていくとISIDしかありませんでした。現在セブン銀行と「オンライン本人確認」を活用したプラットフォーム提供を行う合弁会社設立に向けてサービスを開発中です。まさに、転職時の夢が叶いました。

印象深いプロジェクト

  • 平野 岳人

    グローバル案件でPMとして成長できた
    印象に残っているのはニューヨークでのプロジェクト。社内の研修制度で英語を勉強中だった私に「海外で勘定系フロントシステムの導入をやってみないか?」と上司が声を掛けてくれたのです。現地ではプロジェクトの進め方に対する価値観の違いなどもあり、タフな事がたくさんありましたが、この時に国籍、仕事の進め方や大事にしている価値観が異なるメンバーとプロジェクトを進める大切さを実感。貴重な経験をしました。
  • 井上 格太

    お金の流れを変えていく
    「生番組視聴中に商品を購入できるライブEコマース」「地域電子通貨」「法人プリペイドによるキャッシュレス」などニュースになるような実証実験を行い、現在では発展した新たな取り組みを実施中です。すぐに答えが出ないのが新規サービスの難しい部分ではありますが、実証実験のフィードバックが新しい芽を生んでくれることもあります。一見、金融とはかけ離れているように見えるプロジェクトも、実は最終的にはお金の流れを変えるような取り組みになっています。
  • 竹内 進

    新サービスの提供を行う合弁会社設立へ向けて
    セブン銀行と「オンライン本人確認」を活用したプラットフォーム提供を行う合弁会社設立に向けて、今まさにサービスを開発中です。このようなビックプロジェクトを生むことができたのも、ISIDは大手企業から信頼されており強固な関係性の基盤があるからです。加えて、オープンイノベーションの風土が浸透しているので周りの人が助けてくれます。契約関連、市場調査、実証実験、収支計画、法的な手続きといくつものタスクがパラレルに走っても躓くことはないし、一見融通が利かなそうなコーポレート部門までフットワークが軽いです。今は「無駄なストレス」が一切ありません。やる事はたくさんあり仕事で遅くなることもありますが、妻からは「機嫌がいいね」なんて言われます。

ISIDに転職して驚いたこと

  • 平野 岳人

    パートナーシップを大事にしている
    ISIDでは意志を持ってはっきり意見を言う人が多いです。大手金融機関に常駐していた際も他のベンダーに比べてお客様にしっかり意見をしていました。もちろん、より良くしていくための提案です。仕事を請けているという感覚よりもパートナーとして改善してくという意識。それが積み重なって信頼となり、より上流の案件を任せていただけるのだと思います。
  • 井上 格太

    大きすぎず、小さすぎない企業規模
    転職するまではISIDの規模感がはっきり掴めなかったのですが、実際に入ってみて分かったのは新規事業をやるにはベストなサイズだということ。経営ボードが新しい事をやろうというマインドなので新規事業に関する承認がスムーズに進みます。さらに業績が良いので、新規事業にも投資がしやすい状況です。私の場合は前職で会社の業績に左右され、新規事業のクローズという苦い経験もしました。業績が良く、プロフェッショナルが集まり動きやすい組織。それがISIDだと思います。
  • 竹内 進

    面白がって助けてくれる人が多い
    私は合弁会社の設立と新サービスの開発という一つのスタートアップ企業を作るような経験をしています。体験したことのない事象にぶつかることも多々。そんな時にいつも助けてくれるのが周りの人たちです。「こんなベンダーがあるよ」「この人に聞いてみたら」と一歩進むアドバイスをしてくれます。コーポレート部門の人たちも紋切り型の回答ではなく「こうしてみたら」と提案をしてくれる。一言でいうと優しい人が多いんですね。自分発信で声を掛ければ各部門のプロがリソースをさいて助けてくれる。とても動きやすい会社です。
グローバル案件からFinTechの新規事業まで。
やりたいことをやろう。