採用メッセージ

●あらゆる廃棄物を、新たな資源に変える。
海洋プラスチック問題解決や食品リサイクル率向上など、世界規模での環境課題への取り組みが推進され、SDGs(Sustainable Development Goals)が、企業活動の重要な目標となっている今、私たちが担う役割は、さらに大きなものとなっています。
J&T環境は、JFEグループとJERAグループが共同運営する総合環境ソリューション企業として、旧JFE環境株式会社と旧東京臨海リサイクルパワー株式会社を統合し、2019年4月にスタートしました。
より能力が強化された焼却処理・発電によるサーマルリサイクル、ペットボトルをはじめとする様々なプラスチックリサイクル、食品リサイクル・バイオマス発電など、様々な廃棄物を取り扱う「総合リサイクル事業」、廃棄物について解決策を提案する「ソリューション事業」を展開。JFEグループが培ったリサイクルや廃棄物からのエネルギー回収に関する先進的な技術と、東京電力・中部電力をバックボーンとするJERAグループの発電所運営ノウハウを融合することで、循環型社会の実現に貢献していきます。
●廃棄物処理とリサイクルのリーディング
カンパニーを目指して。

「循環型社会の実現」という大きなミッションに取り組む当社には、新しい技術、新しいしくみを積極的に取り入れる風土が根付いています。「仕事を通じて、社会に貢献しているという実感が欲しい」、「今まで培った経験を活かして、新しいことにチャレンジしたい」とすでに多くのキャリア入社者が活躍中。私たちがキャリア入社者に期待するのは、今までの知見を活かして、組織に刺激を与えてくれることです。当社は多彩な価値観やライフスタイルを持つ社員一人ひとりが、能力を十分に発揮できるよう「働き方改革」に取り組んできました。
月の平均残業時間は16.9時間、有給取得日数の平均は年間19.6日、大企業の平均を上回る寮社宅制度を会社が負担(但し上限額あり)するなど、プライベートと仕事の両方の充実を実現できます。
将来は当社の大規模工場全体をマネジメントする工場長へのキャリアアップや、経済成長に伴い廃棄物処理の問題が顕在化している東南アジアなど海外で活躍するチャンスもあり、活躍のフィールドはますます広がっています。