兵庫エリア(高砂製作所)について

兵庫県高砂市には、神戸製鋼所の鉄鋼事業部門と機械事業部門の製造拠点があります。
高砂市は、兵庫県中南部の播磨沿岸地域の中にあり、
兵庫県のちょうど中央に位置する市です。

神戸駅まで電車で約30分
大阪駅まで電車で約1時間
姫路駅まで電車で約20分
と市街地まで、それほど時間をかけずに行くことが出来る
非常に生活しやすい地域。
高砂市自体も、自然と海が混ざり、住み心地の良い環境です。
そのような立地なので、平日でも休日でも姫路や神戸エリアへ行く社員が非常に多いです。

また、その立地に加え、気温は温暖で年平均15℃前後(東京と同程度)、年間降水量は1200mm(東京は1600mm程度)と比較的少ない為、神戸製鋼所を始め、昭和30年より様々なモノづくり産業が発展してきた土地でもあります。

実際の転職者からは、
「転職前は、多くの工業企業が進出しているエリアということで、工場の密集地帯で生活利便性が低いのではないかというイメージを持っていました。ただ実際に住み始めてからは、この地域で働く住民のために生活基盤(衣食住)が揃っている街であることと、その街と自然(山、海、川)が共存しているエリアなので、一般的な地方のエリアや大都市圏よりは住みやすい環境にあると思います。」等の声も。

Case1:兵庫エリアでの、社員の生活を紹介!

プロフィール
2006年中途入社
部署:機械事業部門 圧縮事業部 回転機技術部 レシプロ室
前職の勤務地:鳥取県
家族構成:妻、子ども2人


<1>兵庫エリアへ来て、変化した生活環境


地方からの転職だったので、通勤環境悪化や家賃上昇を気にしていました。
ただ、勤務地から30分程度の場所に1万円台の家賃で独身寮及び社宅が完備されており、
最寄り駅までの社員専用の通勤バスがありましたので、生活面での環境変化を気にすることなく勤務できています。
また、独身時は寮、結婚後は社宅、両方を活用させて頂いたことで、
部門の違う仲間も増え職場以外でも充実した生活を送ることができています。

<2>平日の過ごし方


仕事後は、社宅入居時代に貯蓄した資金で購入した新居(勤務地から40分)に直帰し、家族一緒に夕食をとり、
21時過ぎには就寝する、という生活を送っています。
効率的な働き方を心がけることで労働時間を短縮し家族との時間を増やし、
仕事と家庭が両立するワークライフバランスを実践している最中です。

<3>休日の過ごし方


休日の過ごし方は、趣味である山歩きに行くことが多いです。兵庫エリアには六甲山系を代表とする自然豊かな山が多く、
四季折々の自然と接することが容易にできることから、休日のリフレッシュ方法となっています。
勤務地(高砂)近辺には子どもと一緒に登れる山もあり、そこからは瀬戸内海(播磨灘)、淡路島、明石海峡大橋が眺められ、
同時に勤務先の建物も眺めることができるため、私のおすすめスポットでもあります。

Case2:兵庫エリアでの、社員の生活を紹介!

プロフィール
2015年中途入社
部署:機械事業部門 圧縮事業部 回転機技術部 ターボ室
前職の勤務地:静岡県


<1>兵庫エリアへ来て、変化した生活環境


独身寮ではなく、会社から徒歩15分くらいのところでアパートを借りて生活しています。
静岡にいた頃は、会社と寮が山の上でしたので、車がなければ生活できませんでした。
今ではスーパーやホームセンターが徒歩圏内にあるので、車がなくても生活できます。
また、転職して非常に大きかったのは、フレックスタイム制です。
公共機関の方にいろいろとお世話になることが多いため、非常に助かっています。

<2>平日の過ごし方


基本的には自炊しているので、食材の調達に買い物に出かけます。
まだ入社して日も浅いので、時間があれば高砂・加古川近辺でどこにどんなお店があるのか探索に出かけます。
また期間限定ではありますが、職場の方や仲良くなったメンバーの都合がつけば、
狩ってきた食材を使って皆で焼肉や鍋などをすることもあります。

<3>休日の過ごし方


2年前から射撃を始めており、高砂近辺には射撃場はないので、月1くらいの頻度で県外の射撃場に行って、
飛んでるお皿を割ったり遠くの紙に穴を開けたりしています。また、11月から2月まで狩猟が解禁になるので、
加古川西支部の猟師さん達と加西や上郡に狩りに行ったりします。