神戸製鋼所は、産業機械メーカーとして世界規模のビジネスを展開しています。その機械事業の中心領域「大型機械:圧縮機」は世界中のお客様から高い評価をいただいています。大型機械の製作の際にはお客様の様々なニーズを聞き、オーダーメイドで設計していく製品がほとんどです。そんな大型機械を設計するエンジニアの中で、直近入社した2名に転職~入社までを本音で語ってもらいました。

プロフィール

転職を思い立ったきっかけは何ですか?

Aさん:
前職では電子機器の中の小さなファンの数値計算を担当していました。なので、今の職種とは少し違う領域のエンジニアでした。その職場で4年近く数値計算を担当していたため、周りのメンバーを教育する立場や教える立場になっていました。今後の自分の成長を考えた時に、優秀なエンジニアの方々と切磋琢磨しながら、日々の業務ができたら良いなと漠然と思っていました。そんな中、ちょっとしたきっかけで、社外の世界に触れることがあったのですが、技術的に成長出来そうなフィールドが広がっており意欲が高まりましたね。

Bさん:
私は前職では、産業機械のメンテナンスを担当していました。そのため、私ももともと機械設計ではないですね。設計の方が作ったものを、現地に行って交換したり修理したりする役割です。メンテナンスの仕事をしながら、作られたものを修理するのではなく、「もっと技術的に深い部分、そもそもの設計の部分」から自分も関わりたいと思い、転職活動を始めました。

転職活動を始めてから入社するまで、神戸製鋼所のイメージはどのように変わりましたか?

Aさん:
私は正直に言うと、神戸製鋼所が流体機械の回転機などの、大型機械をやっていることを知りませんでした。求人広告を見て、初めて機械事業もやっていることを知り、説明会や面接を通じて、工場のスケールの大きさ、圧縮機の製品そのものの大きさに驚きました。やはり前職では、自分が苦労して設計した製品も、すぐに他社にコピーされ、似たような製品が市場に出回ってしまう、という葛藤があったので、このダイナミックさには心を打たれましたね。大型かつどこも真似できないような機械を自分も作りたいと思い、神戸製鋼所に入社を決意しました。

Bさん:
>自分は、前職でも神戸製鋼所の製品を見る機会があったので、機械事業については知っていました。前職で見ていた際に感じていたのですが、神戸製鋼所の圧縮機って、お客様のニーズを深く聞きながらオーダーメイドで形にしていく製品が多いんですよね。その製品を見ていたため、自分も設計に携わりたいという思いが強くなっていったのかもしれません。選考を進む中で、やはり当初感じていた通り顧客折衝の経験を活かしながら、最先端の場で大型機械の設計ができると思い、神戸製鋼所に入社を決めました。

入社してから、神戸製鋼所のどんなことに驚きましたか?

Aさん:
まだ、自分が担当している製品は完成していないのですが、大規模な製品が形になっていくことを想像するだけで、凄い達成感がありそうだなと思います。また、神戸製鋼所には、社内に優秀なエンジニアの方が非常に多いんですよね。何か分からないことがあっても、必ずその分野のプロフェッショナルの方が近くにいる。そんな環境で、設計開発ができるのはエンジニアにとって本当に幸せだと思います。

Bさん:
そもそも私は職種自体が大きく変わったので、仕事内容から進め方まですべてが新鮮でした。ただ正直最初は不安だったのですが、キャリア入社者と新卒社員の垣根がほとんど無かったので、凄く馴染みやすかったです。垣根が無いというか、もはや違いがないという感じですね。そのため自分のスキルアップや、やりたいことに熱中できる環境だと思います。

今後の目標と転職者へのメッセージを教えてください。

Aさん:
自分は将来、前職の数値計算のスキルも活かしながら、色んな大学などと協働で研究を行っていきたいと思っています。神戸製鋼所でなら、大規模にそれができると思っています。また若い方が多く、オフの日でも旅行に行くくらい、仲が良く温かい環境なので、ぜひ一緒に働きましょう!

Bさん:
やりたいことがあるのであれば、その思いに正直になることがエンジニアにとって一番重要なことだと思います。私は実際に、設計をやりたいという思いを実現でき、今専門的な知識が少しずつ身に付いてきました。ぜひ自分から動き出してくれることを期待しています!