栃木エリア(真岡製造所)について

栃木県真岡市には、神戸製鋼所のアルミ・銅事業部門の製造拠点があります。
主に航空機や新幹線の車両、アルミ缶やコンピュータ用ディスク、
自動車などに使われるアルミ製品を生産しています。

真岡市は、栃木県の南東部に位置し、
東には八溝山地、西には大河鬼怒川がある、自然環境豊かな都市です。
同じ栃木エリアには、アウトレットや商業施設等もあれば、
温泉地や大自然等の旅行地もあり、
休日には近くに旅行する方も非常に多いです。

また首都圏からもそれほど離れておらず、
東京駅から東北新幹線を使えば約1時間40分の距離にあります。

社員インタビュー:栃木エリアでの、社員の生活を紹介!

プロフィール
2015年中途入社
部署:アルミ・銅事業部門 真岡製造所 アルミ板研究部 自動車材研究室
前職の勤務地:静岡県
家族構成:妻、子ども1人


<1>栃木エリアへ来て、変化した生活環境


~当初感じていたイメージと全く違いました~
転職が決まり、はじめに心配したのは、社宅の立地と生活圏内の利便性。前職では社宅がなく、通勤には山(茶畑)に囲まれた勤務先まで、車で1時間かかりました。その点、真岡では借り上げの社宅が用意されており、通勤は車で5分もかからず大変満足しています。また、利便性の面で、真岡製造所は市街地に隣接しているため、スーパーや日用品店、保育園、病院など徒歩圏内で充実しています。


<2>平日の過ごし方


~子どもや家族との時間が増えました~
前職では、残業が多く、帰宅したら子どもは寝ていることが多かったです。一方、現在は勤務場所から社宅が近いこともあり、帰宅時には子どもが出迎えてくれることが多く、食事やお風呂など家族団らんで過ごせる時間が増えました。それだけでなく、市街地の生活基盤は整っており、非常に住みやすい街だと感じています。


<3>休日の過ごし方


~休日も栃木エリアの生活を満喫しています~
車で20分ほどで北関東最大の複合型商業施設(インターパーク)があり、1時間圏内には佐野アウトレットや鬼怒川の保養所もあるため、休日は、家族で買い物や旅行に行くことが多いです。最近では、草津への温泉旅行や千葉へ撮影会に出掛けたりしています。また、たまにですが、趣味仲間とのバイクツーリングに出掛けたりと、北関東生活を満喫しています。