三重エリア(大安製造所)について

航空機や自動車産業の拠点が集積する東海圏。
三重県いなべ市には、神戸製鋼所のアルミニウム、
マグネシウム合金製鋳鍛造品および
機械加工製品の生産拠点である大安製造所があります。

いなべ市は三重県の最北端に位置し、
愛知・岐阜・滋賀県に近接しているため、広域に
わたって生活やレジャーを楽しむことができます。
名古屋やセントレアへのアクセスもよく、
自然豊かな環境と利便性を兼ね備えた住みやすいエリアです。
近くにはゴルフ場やキャンプ場も多くあり、
夏はみんなでキャンプやBBQ、冬はスキー
やスノーボードを楽しむ人も多いです。

この大安製造所では、他県から移住してきた社員が多数働いています。

社員インタビュー:三重エリアでの、社員の生活を紹介!

プロフィール
2013年中途入社
部署:サスペンション部 技術室 設備・生産技術職
前職の勤務地:茨城県


<1>三重エリアへ来て、変化した生活環境


入社後は桑名市にある寮に入っています。通勤時間は車で約30分。寮の部屋にはシャワーやトイレも付いており、家具も一通り揃っています。家賃も光熱費込みで2万円以下なので助かります。食事は寮の食堂の他、帰りに同僚と外食などで充実しています。桑名は愛知との県境なので名古屋にもアクセスしやすく、ナガシマスパーランド等のアミューズメントパークも近くにあるため、入社前に持っていた田舎というイメージは払拭されました。

<2>平日の過ごし方


平日の仕事後は同僚と食事に行くことが多いです。週に一度は定時退勤の日があり仕事後の時間が取りやすい環境です。大安製造所から寮のある桑名市までの間にチェーン店の他、一通りの外食店は揃っており、気軽に立ち寄れます。車での通勤者がほとんどなので、帰宅途中の飲酒はできませんが、帰宅後は寮から徒歩3分程度の距離にいい居酒屋があるので、寮住まいのメンバーを集めて飲みに行きやすいです。

<3>休日の過ごし方


休日は同僚と外出したり、大阪へ帰省して家族や学生時代の友人と会っています。遊ぶ場合は映画や麻雀等のインドアなものが多いです。前職は茨城県だった為、大阪への帰省には5時間かかりましたが、今は車で1時間程度なので気軽に帰省できるようになりました。寮から5分程度の距離に大型の複合商業施設があり、映画やボーリングなど手軽に遊びに行けます。