こんな人たちが入社しました!

  • 【年代比率】
     20~30代を中心に幅広い年代の転職者が入社しています。

  • 【職種比率】
     様々な職種の転職者が入社しています。

神戸製鋼所の面接に関して良かったと感じる点は?

  • 1

    面接の雰囲気・面接官の人柄の良さ

    • ●話しやすい雰囲気を作ってもらえたので、程良い緊張感の中で話すことができた。
    • ●形式的な質疑が殆どなく掘り下げた話ができた。事前に職務経歴書をよく読んで頂いたのではないかと思った。
    • ●品定めされている感がなかった。会話のラリーを繰り返す中でお互いの訴求点まで確認できたのが良かった。
    • ●落とす面接ではなく、志望者の良いところを引き出そうとする面接でした。業務に関わる質問に対しても詳細にご教示頂き、入社後のイメージを持ちやすかったです。
    • ●配属部署の面接では複数の方々と話ができたので、会社や部署の雰囲気について理解が進んだ。
    • ●面接官の気になる点や不安に思う点は何でもお答えしますという姿勢は非常に良かったです。
    • ●品質不適切行為の報道が続く中で入社を悩んだが、悩みを親身に聞いていただき入社の決心がついた。
  • 2

    事業・業務・製品等の説明が分かりやすかったこと

    • ●部署面接では事業内容について説明していただいた。製品の設計過程から出荷まで分かりやすく教えていただき、業務内容が前職と類似する点が分かり、入社後にキャッチアップしやすいと思った。
    • ●募集要項に業務内容が記載されていたものの新設部門ということで選考前は少し不安がありました。しかし部署の面接官から新しい部門の方針・目標・具体的な仕事の進め方などについて説明してもらえたので面接時には臆することなく自身の考えを表現できました。
    • ●業務内容の説明があり、現職の営業スタイルとの違いを明確にすることができた。また今後実現したいことについても説明をいただけたことが良かった。
  • 3

    選考フロー(休日選考など)

    • ●土曜日に選考を実施していただけたため、現職とのスケジュール調整に苦労しなかった。
    • ●選考後の合否連絡までの期間が短くスピードがあって良かった。
  • 4

    工場の雰囲気が分かったこと

    • ●工場見学が出来た点がとても印象が強く、実際の業務の場を見させてもらえると入社後の業務のイメージし易く、理解しやすかった。
  • 5

    品質問題に関する説明があったこと

    • ●ニュースになったことについて、正直に色々と答えていただいたのは大変印象が良かったです。
    • ●今、会社が直面している課題について率直に説明していただき、よく理解できました。

神戸製鋼所に入社を決めたポイントは?

  • 1

    仕事内容(成長できる、経験を活かせる)

    • ●様々な事業があるので自分の長所を活かして知識を集め、成長できると思いました。
      海外比率の高い製品があり、世界に目を向けて働くことができると思いました。
    • ●これまでの経験を活かせる業務であり、更に専門的な技術を身に付けられると考えたからです。
    • ●当初の転職理由だった提案の幅が広げられる環境だと感じた点です。
    • ●プロジェクトのスタートから完了まで責任をもって担当することができるという点。
      また、グローバルな点も魅力に感じました。
    • ●私の経験を活かすことができ、その上で希望している仕事に携わることができると感じたため。
    • ●業務の高度化を目指されていて、専門性をレベルアップさせたかった自身の希望と同じ方向を向いていると感じた。
    • ●技術開発を大切にされていること。入社後に自身の成長の機会が多く用意されていることです。
    • ●前職は開発業務がほとんどありませんでした。神戸製鋼所は常に開発が行われており新しい知識・技術を身につける機会が多いため。
  • 2

    人・雰囲気・風土

    • ●最終的に入社を決めたポイントは“人”です。面接官の人柄が、尊敬できると感じたので決めました。
    • ●面接での配属予定となる部署の上司の方の印象が良かったこと。
    • ●定着性(勤続年数が長いこと)。
    • ●配属予定部署に女性の方も在籍しており、働きやすい環境であることを感じ、今後のキャリアパスについても具体的に考えられそうであったから。
  • 3

    処遇(給与・勤務地)

    • ●自分の選考基準とマッチしていたことと給与面でも予測以上の提示があったため。
    • ●配属予定地へのUターンを考えていた。
  • 4

    複合経営による安定性、グローバル展開

    • ●事業に多様性があり、安定していると感じた。
    • ●鉄鋼メーカーへの興味。新事業への取り組みが他メーカーより進んでいる点。
    • ●元々興味のある事業を行っていたから。複合経営で安定しており、個人としても多彩なキャリアを歩めると思った。
    • ●積極的に海外展開するグローバル企業であること。
  • 5

    品質問題の再発防止に真剣に取り組む姿勢

    • ●社会的に大きな問題があったが、そういう時にこそ自分の知識や経験を活かし、会社と共生したいと考えた。
    • ●足下の状況を隠さず選考時・内定受諾後に電話等で話していただく姿勢が好印象でした。
    • ●今の神戸製鋼所であれば真剣に品質に取り組む環境があること。