こんな大きな会社がまだ成長を目指すのか。

前職は工作機械メーカー。新卒で入社してから、小さな会社から大きな会社まで、世界各国へ出かけ、サービスを行ってきたのですが、「自分の力は他でも通用するのだろうか」と思い、転職活動を始めました。その時にふと思い出したのが少し前にネットニュースで見たクボタの前社長の「5年間で売上を倍にしたい」というメッセージ。「こんな大きな会社でも、まだ成長を目指しているんだ」と印象深かったことを覚えています。

実際にクボタを受けようと考えた時、この「成長」と「どれだけ大きくなってもモノづくりへの思いを大切にする会社である」ということがキーワードになりました。今までの仕事はお客様の所へ直接赴く「アフターサービス」、クボタでは「メーカーとしてのビフォーサービス」と、違いはあっても、思いが同じであることを感じ、不安はありませんでした。逆にキャリアアップできる可能性に、わくわくした気持ちで面接に臨むことができました。

面接時に言われた「クボタとは違う形、考え方があってもいい。それをここで活かしてほしい」という言葉が心に残りました。自分のカラーも活かせることが嬉しく、成長できる環境だと感じたため、入社を決意しました。

世界で活躍するサービススタッフのために。

入社後すぐはカスタマーサポートグループに配属されました。海外の品質の問題をピックアップし、フィードバック、解決していくというチームです。その後サービス技術グループで新製品の講習やサービスマニュアルの作成、国内外の販社への技術サポートを行っています。前職で得た機械の知識はもちろんここでも役立っています。工作機械と建設機械という違いはあっても、油圧、機構、電気など、基本は同じですから。

クボタはチャンスを平等につかめる会社です。新卒でもキャリアでも同じようにチャンスを与えられます。また、仕事は「おもしろい」だけでは行きづまりますが、自分が成長すること、そしてそれが直接会社の成長につながっていると実感できることで、より上を目指せる。いつも先を見て仕事ができる喜びを感じられる会社だからこそ社員はみんな「クボタが好き」と堂々と言えるのだと思います。転職をしたことは私にとって大きな決断でしたが、大成功だったと思っています。でも転職はゴールではなく、通過点。今まで私がやってきたサービスの基本、「お客様と機械、そしてメーカーをつなぐ役割」を大切にしながら、今後はよりしっかりとしたネットワークを構築し、世界で、日本で、サービススタッフがより活躍できるような仕組み作りを行っていきたいと思っています。
※このページで紹介しているインタビューの内容及び社員情報は取材時のものです。