念願のプロジェクトとの出会い「AI、ロボット、生産性倍増」

新卒で入社した食品会社では、生産技術として合理化や自動化を推進する役割を担っていました。しかし、伝統的な製法や厳しい規格、変化を好まない企業風土などの壁に阻まれ、なかなか生産自動化を進めることができず歯痒い思いをしていました。そんな時に出会ったのが、京セラのキャリア募集でした。「新たに立ち上げたチームでAIとロボットを組み合わせ、生産性を2倍に高めるミッションを担ってください」。この求人を見たときに、まさに自分がやりたいことだと思い、興奮してすぐに応募しました。面接でも「完全に無人化された工場を作ってみたい」と熱く語ってしまいましたが、「京セラもまさにその実現を目指している」「全社を挙げたビッグプロジェクト」「若手を中心としたチーム編成」といったさらに魅力を感じる事実を教えていただき、「ここしかない!」と確信。そして無事にチームの一員として入社が決まりました。

踏み出した第一歩は、確かな手応えを感じるスタート

新チームは今から約1年前にすでに発足していました。僕が入社したのは、あるセラミック部品の自動生産機に組み合わせるロボットを実際に搬入する直前というタイミング。入社後しばらくは、ロボットが搬送する様々な種類の製品サンプルを手配してベンダーへ持参しテストを行ったり、仕様確定後に表出したトラブル対応など地道な業務に携わることが多くありました。現在は主に特定の生産工程の自動機やロボットの導入、その後の調整や改良、現場へのトレーニングなどに従事しています。まだ一部ではありますが現場への引き渡しを終え、実稼働をスタートさせることができましたが、ゆくゆくは完全無人化・24時間稼働によって生産性を倍増させるというゴールを踏まえるとようやく第一歩を踏み出したに過ぎません。品質の向上や生産時間の短縮など解決すべき課題は山のようにありますが、新聞にも掲載されるようなインパクトを伴った案件に関われているやりがいは既に実感しています。

チーム全員で悩み向き合う一体感、刺激し合える関係性

チームが発足した当時はまだ何も無い状態だったところから、生産性倍増に向けたアクションが形となってスタートしている事実とそのスピード感には驚きを覚えています。前職とは比較にならないスピードの早さに戸惑うことも数多くありましたが、上司や同僚などに日々助けてもらい乗り越えてこられました。チーム全員が自動化というテーマに初めて取り組んでいるのでお互いに悩みや境遇を理解し、サポートし合える環境は心強かったです。京セラには個人プレーでなく、チームプレーで課題に向き合い解決の糸口を探っていくカルチャーが根づいています。ひとりで悩むことはありませんでしたし、業務時間外でも「相談に乗ろうか?」と声をかけていただいてご飯を食べながら相談することもしばしばありました。また、自動化を推進する各分野のプロフェッショナルから得られる有益な情報やその豊富な知見には大きな刺激を受けますし、技術者としてさらなる研鑽を積まなければと思わせてくれます。

生産性倍増の推進力として、未来の京セラを描いていく

プロジェクトに対する社内外からの注目度の高さは、ひしひしと感じています。その中で、入社以前に思っていたよりも大きな責任と裁量を与えられ、京セラが目指す姿の実現に向けた推進力になれることは技術者としてとても誇りに思います。夜に材料を投入したら、翌朝には完成した部品が整然と陳列されているという事実を目の当たりにする度に、自分が取り組んでいるプロジェクトの面白さや醍醐味、喜びを改めて感じています。将来的には、構想から機械選定や仕様確定、最終的な受け渡しまで一貫して携われる生産技術として活躍できるよう、より多様な経験を積んでいきたいと思っています。僕たちの日々の取り組みは、セラミック部品にとどまらず全生産拠点で完全無人化を実現するという京セラの未来図とその土台づくりを担っているという意識を持っていますし、その重要な役割を担っているという自負もあります。「自分がやらなくて誰がやる」。京セラに入社して身につけた圧倒的な当事者意識と使命感を原動力に、これからも前進あるのみです。