構想からモノづくりに携われる場を求めて京セラへ

大学で学んだプログラミングを活かした仕事がしたい。そんな思いで携帯電話基地局の保守、メンテナンスを行う会社に新卒で入社しました。働き心地や人間関係は申し分なかったのですが、「自分が構想したものを形にしたい」という強い気持ちを次第に抑えられなくなりました。やはり、保守やメンテナンスは既に形あるものに関わるのが主な業務ですから。そこで、プログラミングとともに学生時代に面白さを感じていたCADの技術を活かして働きたいと思うようになりました。転職先を探すにあたっては、構想から携わるには業界の大手企業であることも重視しました。京セラは大企業でありながら自前でのモノづくりを大切にする姿勢にポジティブなイメージがありましたし、すでに結婚していた自分にとっては充実した福利厚生も魅力に映り、入社を決意しました。

「個を尊重するまなざし」に基づいた育成環境

入社後は精機事業部に配属。京セラの生産自動化を推進する機械設計として段階的に業務を覚えていきました。最初は自動生産機の小さな部品を設計するところからスタートし、徐々に大きな部品設計、改造業務を経て現在従事している新設備の設計へとステップアップしていきました。上司が常に僕のスキルや経験、知識などを見極めながら案件をアサインしてくださったおかげで、着実に歩みを進めてこられたと思います。入社して何より驚いたのは、京セラの労務管理の厳密さ。たとえ案件の進捗が遅れようとも安易な残業はNGですから、いかに効率的に段取りを組んで業務を遂行するかを考える力がとても鍛えられました。慣れるまでは定時で退社しても脳がグッタリ疲れていましたが(笑)。ただ、「いたずらに時間をかければ良いというわけではない」という気づきは自分自身の働き方を見直し、改善する大きな機会になりましたし、家族と過ごす時間が増えるなどワークライフバランスの充実につながっています。

構想を具現化する難しさ、そして喜び

現在は国分工場内にある移載機の搬送方法改良を主に担当しています。顧客ヒアリングをもとにした構想に始まり、制御や資材、外注先といったステークホルダーとの折衝や連携、動作確認や量産テストなど機械設計として幅広いフェーズに携わり、設計上の意図が正しく伝わるように各所との窓口となっています。足かけ約1年。ここまでしないといけないのかと思ったことも数多くありましたが、自分のハンドリング次第で頭の中にある理想を形として実現できるわけですから、大きなやりがいがあります。実際にモノが完成して、思った通りに生産ラインが稼働する様子を目の当たりにできた時は本当にうれしいです。もちろんうまくいくことだけではなく、初めて経験することばかりなので思考錯誤の連続。本稼働に向けて佳境を迎える現在でも「ここを変更してほしい」といったオーダーが入るなどヒリヒリする日々ですが、必死に食らいついていく限り、設計者なりの苦労や超えるべき壁を上司がとてもよく理解しサポートしてくださるので、決してひとりで悩むことはありません。常に見てくれているという実感がありますし、どんなピンチに対しても「設計ってそういうもんだよ」と声をかけてくださるのは言葉にできない安心感があります。

多様な経験を通じて、幅広さと奥行きを備えた技術者に

これまでに構想から携わったのは現在手がける案件だけなので、今後も継続して各生産拠点の設備立上げや改良に関わっていきたいと思っています。そして、将来的には上司のように設計者として幅広い領域に携われる力を身につけていきたいです。今回、構想から手がけた案件で多様な立場の方々と関わり、様々なアドバイスや指導をいただく中で多角的な物の見方や柔軟な発想の重要性を痛感しましたし、新たな気づきを得ることが本当に多くありました。それは翻せば、自分自身が技術者として視野が狭く、ベースの力量もまだまだ不足しているということ。ですから、あえて領域を特化せずあらゆる案件にジョインし、幅広い経験を積むことで総合的にスキルを高めていきたいです。きっとそれは自身の可能性を拡げることにつながるでしょうし、「自分が構想したものを形にしたい」という入社当初からの思いをより具現化していくためには欠かせないプロセスであるはずですから。