東芝メモリではビッグデータに関する技術領域を拡大中ですが、組織としては実績・環境共にまだ発展途上であるのが事実。しかし、下記のようなスケール感や構想、環境にご興味をお持ちいただける方と共に東芝メモリ発・次世代のデータ活用イノベーションを起こしたいと思います。ぜひ、私たちと一緒に新たな道を開拓していきませんか?

  • 20億件/日

    当社の半導体生産で算出されるデータ量は一日あたり約20億件。基本的に当社四日市工場から生み出されるデータの「ほぼすべてを」「直に」解析できます。

  • 5000台超×数百工程

    当社四日市工場には約5000台の半導体製造装置があります。それらを駆使して数百工程を経ながら生み出されるのが半導体(フラッシュメモリ)です。

  • サイバーファブ

    岩手県北上市にも工場を増設予定。既存の四日市工場も併せて、ビッグデータから東京で「工場を可視化」。どこからでも研究開発できる工場を目指します。

  • デジタルマイスター

    「サイバーファブ」で培った技術をAI化。熟練の技術者を上回る力を持った「デジタルマイスター」として育成することを目指しています。

  • 産学官連携

    実用的な最先端技術の開発を目指し、大学との連携も強化中。外の知見を積極的に取り入れながら、イノベーションを目指しています。

  • 研究・学習機会

    各種学会への参加・登壇、外部への講習会・セミナー参加など自らの知見を磨くための行動は大歓迎。

  • 経営陣からのバックアップ

    経営陣の理解や関心も高く、AI、ビッグデータといった最先端の分野への投資が非常に潤沢。最新OSSなど新しい技術導入も積極的に推奨されます。

  • 自由闊達な社風・組織

    より良いモノづくりをするための提案は年次に関わらず歓迎されており、役職者も「さん」付で呼び合う社風。非常にフラットで自由な組織風土です。

募集職種一覧を見る