自分の時間を増やし、将来のキャリアをしっかり描きたいと思いました。

私が入社したのは2007年。前職は旅行会社で海外旅行の手配業務を行っていましたが、平日は自分の時間が一切無いほど忙しく、将来のキャリアにも不安を感じて転職活動を始めました。いくつかの候補企業の中で、自分の事務スキルが活かせそうに思えたこと、そして落ち着いているけれど活気ある社風がマッチしていると感じて当社(当時はトヨタケーラム)に転職を決めました。全くの異業種ですが、面接の際には、心配する必要がないことを伝えてもらっていたので、それほど不安は無かったと思います。

営業事務から、営業企画へ。自分でも考えていなかったキャリアアップ。

営業事務として入社しましたが、その後、営業アシスタント、商品担当(プロダクトリーダー)を経て、現在はトヨタグループ全体に向けたソリューションの標準化を提案する業務を担当しています。単なる一つの商品を提案するのではなく、グループ全体が本当に必要としているものは何かを、日々のお客様とのやりとり、グループ企業会議、分野別分科会などを通じて情報収集を行い、納得していただけるソリューションとして提示することが必要です。とても重要でスケールの大きなミッションですが、こんな仕事を任せてもらえるように成長できているなんて、自分自身がちょっと信じられません(笑)。もちろん勉強することは多いですが、すごく充実した日々を過ごしています。

積極的にサポートしてくれる上司を始めとした、“働く環境の良さ”があります。

社内は若手もベテランも関係なく、みんなが一体感を持って仕事に取り組んでいますね。個人的には、いろんな個性の人が活躍しているサファリパーク(笑)のイメージです。上司との距離も近く、いつも気軽に相談していますが、仕事のことに加えて体調管理などもアドバイスしてくれる(その影響で休日はジムに通ってます)のですごく助かっています。女性管理職も増えていますし、会社の新たな成長や拡大が実感できることは、前向きなモチベーションに繋がりますね。待遇や福利厚生も充実しているので、この環境の良さをぜひ多くの人に味わってほしいです。

※記載されている所属部署はインタビュー当時のものとなります。