未来に向けて、クルマ開発におけるデジタル化を進めています。

私が現在担当している仕事は、「デジタル車両開発支援」。トヨタがクルマ開発に取り入れているMDB(モデルベース開発手法)において、バーチャル設計・評価・検証を効率化するツールの開発などを行っています。クルマ作りにデジタル手法を取り入れることには様々なメリットがありますが、最後はリアルなモノづくりが必ず必要になります。そこで実際のクルマとデバイスが繋がるかどうか、シミュレーション通りに動作するかどうかをテストするんですが、クルマを取り囲んで「何でダメなんだ?」とか「こうやってみたら?」とか、ベテラン技術者がワイワイ話し合ったりしています。クルマへの愛情や熱意が感じられますし、何よりみんな楽しそうなんですよね。自分も未来のクルマに携わることの喜びと共に、『この人たちと同じチームで働くことができて、本当に良かった』という一体感や満足感を味わっています。

“クルマとつなげて何かする”プロジェクトとは?

これまでで一番印象に残っているのは、“クルマとつなげて何かする”プロジェクトです。トヨタの部長から直々に「Labを作ってくれ」と言われたのが始まりでした。技術開発の部隊として、既存の枠にとらわれずにクルマとITの新しい関係性を探るというミッション。搭載ソフトの自動更新など、PoCとしていろんなことを試しましたね。このプロジェクトを通じてお客様であるトヨタとの関係性がすごく強くなりましたし、クルマとITのつながりについても深く理解できました。その後の自分の業務にも大きな影響を与えたプロジェクトだったと思います。

自分の経験や意欲を、最も高く評価してくれた会社です。

大手企業のグループ会社であるシステム開発会社に新卒採用後、10年間勤務。システム開発を中心に、プロジェクトのリーダーやマネジメント、ベンダーコントロールなどを幅広く経験できました。ただ保守的な環境だったので、新しい方法や技術の提案をあまり受け入れてもらえず…。「もっと新しいことに挑戦したい」という気持ちから転職を決意して、そんな自分の経験や意欲を最も高く評価してくれたのが当社でした。希望通りにどんどん新しいことを任せてくれるので、本当に転職して良かったと思いますね。もともと人と話すことが好きだったので、お客様と一体となって進めていくプロジェクトを大いに楽しんでいます。将来は自分のチームを持って、メンバーみんなと今以上の満足感を味わえたら最高です。

※記載されている所属部署はインタビュー当時のものとなります。