ソリューションアーキテクト 魅力とは

総合セキュリティソフトウェアメーカーとして、マーケットを30年以上も牽引してきたトレンドマイクロ。
『ウイルスバスター』は、世界30ヶ国以上で導入され、日本国内ではトップクラスのシェアを獲得しています。
また脅威防御の専門家として、顧客や社会を守るためのソリューションの開発に全力を注いできた私たち。
ITインフラと脅威の多様な進化に対し、これからも一歩先ゆく革新を続けていくことで、「デジタルインフォメーションを安全に交換できる世界の実現」を目指します。

ABOUT

ソリューションアーキテクトの業務とは?

位置づけ

位置づけ 位置づけ

トレンドマイクロのエンジニアポジションは、大きく4つのカテゴリがあります。
担当領域がお客様のサイバーセキュリティストラテジスト、テクニカルアカウントマネージャーと、担当領域が製品のソリューションアーキテクト、カスタマーサービスエンジニアです。
お客様との関りではクライアントマネジメント能力を、担当が製品の場合はセキュリティ製品のプロフェッショナルとして技術力を養うことができます。

お仕事の全体像

お仕事の全体像 お仕事の全体像

ソリューションアーキテクトには、主に2つの役割があります。

製品導入の技術サポートを行う「プリセールス活動・導入支援」
  • セールスに同席し、プリセールスとしての立場からお客様に、製品説明や設計・構築の提案、PoV/PoCなどの製品導入支援を行います。
  • 提案、PoCから得た学びを国内または海外のプロダクトマネージャー、マーケティングや開発部門にフィードバックします。
  • 導入から運用フェーズに移る際、サポート窓口にお客様の情報を受け渡します。
製品導入の技術サポートを行う「導入支援・プリセールス活動」 製品導入の技術サポートを行う「導入支援・プリセールス活動」
製品価値を上げていく「バリデーション活動」

お客様から得たデータや要望から、製品の開発やアップデートに必要な情報を開発部門へ伝え製品の市場価値を上げていく活動を行います。

身につくスキル

  • 大手民間企業および当社戦略パートナーへの導入技術支援における、サイバーセキュリティプロダクトそのもの及び周辺の最新テクノロジーの知識・技術スキル
  • プロダクトの価値向上を目的として獲得した顧客インサイトをプロダクトマネージャーや開発へフィードバック・ディスカッションする英語スキル
  • 最新脅威に対するプロダクトの価値検証及び市場への価値訴求の企画や施策実行スキル
  • 提案・デモ・PoV/PoC・導入フェーズでの顧客折衝スキル

キャリアステップ

社内公募制度を活用しながら、個々人の希望・スキル・志向性に合わせたキャリア形成が可能です。お客様の課題解決に繋がる製品提案をしたい、課題解決のサポートをしたい、製品知識を極めたい、脅威に対するセキュリティ技術力を高めたい、などご自身の描くキャリアをぜひ教えてください。
トレンドマイクロでは「Be Yourself 〜キャリアは自ら築くもの〜」を掲げ、副業制度・社外出向制度・退職金制度・再入社制度など、社員の”キャリア自律”を永続的に支援する制度をご用意しています。

CHARM

転職者に聞くソリューションアーキテクトの魅力

五十嵐
五十嵐
2020年4月中途入社
清水
清水
2020年6月中途入社

トレンドマイクロに
転職した理由

五十嵐

新しい技術をより自由な環境で。

前職では、SIerで業務系のシステム設計を行っていました。触れられる知識や技術が限定されていたため、クラウドなど自分が興味のある技術を学べる環境へ行きたいと考えていました。そんな中、経験を活かしながら「セキュリティ」という新しい分野にチャレンジできる環境があること、そしてグローバル企業ならではのフラットで自由な社風や環境に魅力を感じて入社を決めました。

清水

グローバル企業と
日系のいいとこどり。

前の会社では業務系システムのSEとして、導入から保守運用までを担っていました。その中で、お客様に製品の説明や要件定義を行う事が面白いと感じ「プリセールス活動」に挑戦したいと思ったのが、トレンドマイクロに興味を持ったきっかけです。日本に本社を持つトレンドマイクロは、グローバル企業・日本企業双方の特徴がバランスよくミックスされた独自なカルチャーを持つ企業。グローバル企業に興味があったもののハードルの高さを感じていた私には最適な転職先でした。

この仕事のやりがいと
きびしさは?

五十嵐

個人の裁量で、やりたいことを実現できる。

最近、まさに裁量の大きさを実感できたのが、顧客満足を向上させるために企画した「相談会イベント」です。ソリューションアーキテクトは、お客様とお話しする機会が多いポジションだからこそ、全社で掲げる「カスタマーサクセスの実現」を常に意識しています。その視点に重きを置いて、好意的に協力してくれそうなメンバーを自ら選びプロジェクトを結成。営業やプロモーションとスピード感を持って連携し、イベントを成功させることができました。やりたいことがあれば、必要な人を巻き込みながら自由にアプローチしていけるのはこの仕事の面白い点。
ただ「自由に推進できる」一方で、製品のプロとして、扱う情報やデータの精査をする「慎重さ」も必要なので、そのバランスは難しくもあります。

清水

グローバルとの連携で、自分自身の成長を実感!

この仕事の面白い点は、グローバルをはじめとする様々なエンジニアとのつながりにより、多様な情報や技術をインプットできる機会が多いことです。以前、私が担当する製品において「クラウドストレージの保護」という大きなセールポイントが営業に浸透していないという課題がありました。そこで、セキュリティインシデントの事例を専門で集めているグローバルチームに協力を仰ぎ、クラウドストレージ対策に特化した製品の提案資料を作ることに。当時、異動してきたばかりで、製品や仕事への理解が浅かったにもかかわらず、開発チームの誰に何を聞いてもとても寛容で協力的なことに驚きました。最終的に納得感の高いコンテンツを完成させることができたと同時に、私自身もこの経験を通じて多くを学ぶことができました。
「製品のプロ」として導入支援を担う仕事は、常に最新情報をキャッチアップしていかなくてはならないきびしさはあります。開発からのレクチャーなどをうまく活用しながら、これからも知識を磨いていきたいと思います。

仕事の魅力を
一言でいうと?

五十嵐

自分の知識を活かしつつ、
自由に提案ができ、
感謝までされる仕事。

エンジニアでありながら、直接お客様と会話をしながら課題解決ができるポジション。自由度が高く風通しの良い環境で、お客様からの感謝をダイレクトにいただけるのは大きな魅力です。多くの人と関わるポジションなので、「人が好き」な人に向いている仕事かもしれません。

清水

開発とお客様の“架け橋”として、
製品をより良いものにできる。

「製品のプロ」として、機能追加や改善といった製品価値を上げていく「バリデーション」に直接携わることができるのが、この仕事の一番の魅力だと思います。新しいチャレンジが好きな方なら、毎日その機会に触れることができますし、海外のエンジニアたちとの連携も多いので、グローバル志向をお持ちの方にも最適な環境です。

職場の雰囲気は?

五十嵐

リモートでも“1人にしない文化”が
浸透しています。

私のチームでは、リモート用のOJTプログラムが用意されていて、コロナ禍での入社だった私はこのOJTに大変助けられました。昨年は私が教育する側として内容を改良し、新人の方にも「すごくわかりやすかったです」と喜ばれ嬉しかったです。他にも、相談や雑談用にTeamsを開放するなど、リモートであってもチーム全体で教育・サポートできる環境が整っています。

清水

“遊び”をきっかけに
“仕事”につながることも。

私たちの部門は定期的にコミュニケーションイベントを行っていて、昨年は全チーム参加の謎解きイベントをオンラインで楽しみました。また部⾨内の活躍⼈材を紹介する「Player Moments」といったコンテンツなど、リモートでもお互いを知るきっかけが多く、そこから新たな仕事のつながりが生まれることも!このご時世だからこそ、カジュアルにつながりを作れる環境はありがたく、貴重だと思います。