生まれたばかりの設計部。様々なスペシャリストが集まっている。

日立ハイテク九州は医用分析装置を製造する会社で約115名の社員が働いています。設立直後に新設された設計部は少数精鋭で7名。その中で電気設計を担っているのは現在私1人です。
私は元々地元が九州で、大学卒業後スイッチング電源を扱うメーカーで電気設計を行っていました。ある時、新潟に異動になり家族で住まいを移していたのですが、妻と話し合い「やはり故郷である九州に戻りたいね」と地元で働く決断をしました。
日立ハイテクノロジーズは以前から知っており「グループ全体の業績が安定して伸びている企業」というイメージでした。さらにインターネットで情報収集すると九州にグループ会社を新設することを知り、非常に興味を惹かれました。日立グループということで人を大切に育てる点や、様々なバックボーンを持つ人材が集まっている企業だと分かり、ここで電気回路の知識、経験を活かしていきたいと思ったんです。


医療の現場で活躍。社会に役立っているという実感が持てる。

中途入社者に対する研修も手厚いと思います。入社後はまず日立ハイテクノロジーズ那珂事業所で医用分析装置の成り立ちから教わりました。専門性が高い分野なのですが、電気回路設計の基礎知識をベースにスムーズに覚えることができました。周りの人たちの手厚いサポートも有り難かったですね。先にお話しした通り、設計部は7名で全員が各分野のプロフェッショナルであり、一つのチームでもあります。縦割りの面倒な手続きなどがなく、意思決定もスムーズで常に連携しながら仕事が進められます。
私は現在、医用・分析機器の試験管などの搬送装置である検体搬送装置の電気設計を主務としています。プリント基板設計、ハーネス設計、部品選定などにも携わり、これまでまったく経験したことのない、3DCADを使った機械・機構設計にも一部携わることができています。また、現地のサプライヤーから部品を調達するので、調達担当の方と一緒にサプライヤーを回りながら技術的なサポートを行っています。価格交渉などの折衝を傍で見ることで勉強になることもたくさんあります。日立ハイテク九州に入社して実感しているのは完成品が医療機器なので、「自分の仕事が確実に社会で役立っている」ということ。使うシーンがイメージできるのはやはりモチベーションがあがりますね。


まさに今から、どんどん面白くなる会社です。

これまで日立ハイテク九州では日立ハイテクノロジーズ那珂事業所の仕様書をベースに、九州エリアのサプライヤーから部品を調達して医用の分析機器を作っていました。これは一言でいうと既存のものを「早く、安く、安定して」作る最良の方法でした。
しかし、2016年10月には日立ハイテク九州内で設計部が設立され「ハイテク九州から最高の製品を生み出していく」という考えのもと、徐々に設計機能を移管しています。部長の山口も2020年には独自製品を出したい!と意気込んでいるので、私達が仕様を決め、自ら設計した製品が世の中に出回る日もそう遠くはありません。
月並みですが、日立ハイテク九州はとてもアットホームな企業だと思います。地元のお祭りには家族を含めて100名ほどが参加して楽しみましたし、会社見学では子供たちに普段の仕事場を見せることができ親子共々充実した日になりました。
日立ハイテク九州はまだ設立間もない企業ではありますが、革新を生み出し他社に先駆けようとする熱意を既に持ち合わせており、自分のアイデアを発揮できる小回りの良さもあります。そして自由でフラットな組織とオープンで親密な社風が強みだと思います。まさに今から、どんどん面白くなる会社ですから、自ら新製品を生み出したいと考えている人には、最適のタイミングと環境だと思います。


医用分析装置のほかのインタビューを見る >


■最先端の分析機器を世界に送り出す。


募集職種を見る>